うつ病の症状と対処法

うつ病で不安感、過呼吸、泣き叫ぶなどの症状があるときの対処法

リスペリドンを飲んでいたのが前回診察の時リスはもうなしで良いねと言われやめたあとから不安感、消えたい願望が強く出て過呼吸泣き叫ぶなど出ました。

リスはまだ処方してほしいと担当医に伝えた方がいいのでしょうか?

私事の質問ですみません。

先日、心のグラフをご利用のお客様からこのようなご質問を頂きました。

私はこのように回答しました。

私は医者でも、薬剤師でもありませんので、薬については、法律上、一切アドバイスすることはできません。

基本的には、Iさんが相談したいことは、もれなく、主治医の先生に伝えてください。

ただし、それぞれの薬は、症状を一時的に抑えるものであり、根本的な解決策にはなりません。

一時しのぎを続けるほど、うつ病は悪化し、長期化することを覚えておいてください。

 

うつ病の方の致命的な誤解

うつ病の方、とくに長年うつ病が治らない方の多くは致命的な誤解をしている場合が多いです。

その誤解とは、

うつ病が原因で、症状が出る

という考え方です。

そして、「その症状を抑えることが、うつ病の改善につながる」という考え方です。

「うつ病が原因で、症状が出る」だから、その原因となっているうつ病を薬でなんとかすれば、改善する?

この考え方では、体調が改善するはずがありません。

なぜなら、うつ病という言葉を勘違いしているからです。

その勘違いとは、

精神的なストレスが重なり、様々な体調不良が生じる。

その体調不良が日常生活に支障を来たす ”状態” のことを、一般的に「うつ病」と呼んでいます。

確かに「うつ病は病気」として認識されています。

しかしうつ病を改善したいと思うのであれば、「うつ病=体調不良が起こる状態」という風な理解をする必要があります。

そして、うつ病を改善を目指すためには、その「体調不良が怒る原因」を突き止める必要があります。

その原因とは、あなたにとっての精神的ストレス、不安などです。

これらの精神的ストレス、不安を取り除いていくことで、確実に体調は回復しています。

残念ながら、多くの方が、「うつ病が原因」という間違った、勘違いした認識をしてしまうため、一向に体調は回復しない。

それどころか、どんどんと薬に依存してしまい、精神的ストレスからくる体調不良なのか、薬の副作用による体調不良なのかが区別できなくなります。

問題を解決するには

世の中全ての事に共通していること、それは、なんらかの問題を解決するのであれば、その原因を明確にすること。

このステップを省略してしまったら、どんな問題も未解決になることでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる