うつ病

うつ病で考えがまとまらない原因と、3つの対処法

うつ病で思考力が低下した女性
  • 集中力がない
  • 考えがまとまらない
  • 思考力が低下した
  • テレビの内容が頭に入ってこない
  • 簡単な感じが思い出せない

もしもあなたが、このような症状にお悩みでしたら、

ぜひ、この記事を読んで下さい。

・・・

うつ病で、考えがまとまらない理由

思考力が低下する、考えがまとまらない理由は、脳が疲れて、機能が低下したからです。

思考力とは何なの?

思考力とは、考える力のことです。

思考という働きは、記憶したもの、観察したものなど、頭の中に蓄えられた情報を、関係付けて、新しい関係を作り出すことを言います。

そして、思考力、考える力には、脳内伝達物質が関係しています。

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン

好きなことや、興味のあることに対して、分泌されます。

この脳内伝達物質の分泌バランスが崩れてくると、思考力が低下します。

ドーパミン

物事に集中しているときに、脳内に活発に分泌されます。

考えがまとまらない原因

心身の疲労

心も身体も疲れきっている

周囲の環境

あなたにとって、不快なものがあると考えがまとまらなくなります。

  • 目障りなもの
  • 雑音
  • 不快なにおい
  • etc.

プレッシャー・圧力

上司や同僚、周囲の人からの圧力、プレッシャーがあると、焦りや不安から、考えがまとまらなくなります。

ネガティブ思考

否定的なこと、ネガティブな考えが、頭の中に一杯になると、不安、ストレスにより、考えがまとまらなくなります。

思考力を回復させる方法

思考力を高めるには、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を、増やす必要があります。

しっかりと睡眠をとる

うつ病の人に限らず、睡眠不足の状態では、脳はしっかりと働いてくれません。

のうのう疲れを解消するには、質の高い睡眠を心がけて下さい。

睡眠により、脳を休ませてあげることで、脳の機能が回復します。

睡眠は、うつ病のバロメータであり、睡眠こそが、うつ病改善の基本になります。

運動をして、身体を動かす

運動をして、体を動かすことにより、脳に刺激を与えることができます。

それにより、脳内伝達物質のバランスを正常化させることができます。

また、軽い運動をすることにより、身体に適度な疲労がたまり、睡眠の質が向上するため、脳の機能の回復に役立ちます。

運動をする、体を動かすことは、うつ病改善に大きな効果があります。

あなたが好きなことだけやる

今のあなたにできること、そして、あなたが好きなことだけをやってください。

好きなことをすると、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

できないことをやって、できないことに落ち込んだり、自分を責めるのは、逆効果です。

まずは、脳の機能を回復させることを考えましょう。

 

まとめ

  • 考えがまとまらないのは、脳が疲れているから
  • 質の高い睡眠により、脳の機能は回復します
  • 適度な運動により、睡眠の質は、向上します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる