うつ病克服法

うつ病者の心は かんたんに傷つくので 早めのケアが必要

あなたの心は「ガラスのハート」とても傷つきやすいタイプですか?

それとも、強靭な強さの心の持ち主ですか?

・・・

心が傷つくとは?

それはあなただけに限ったことでなく、批判的な事を言われたり、攻撃的な言い方をされると、不快に感じるものです。

また、自分がまったく予想できなかったことを言われたり、振る舞いをされたりすると、あまりにも衝撃が大きすぎて、それを受け止めることが出来ないときもあると思います。

そんなときには、頭の中が真っ白になり、その場に立ち尽くしてしまうことすらあります。

そのような自分を感じることができるのは、「自分が傷ついた」「自分の心が衝撃を受けた」ということを認識できている、ということを表しています。

人の心はかんたんに傷つく

人の心というのは、かんたんに傷つくものだし、かんたんに揺さぶられてしまうものです。

しかし、あなたをはじめ、非常に多くの人は、その傷ついた気持ちを隠そうとしたり、抑え込もうとしてしまいます。

明らかに相手が、こちらを傷つける目的の言葉を言っているのに、「私が悪いから、言われても当然だよ」とか「こんなことで傷ついてはいけない、もっと強くならなくては」などと考え、傷ついているという「本当の気持ち」を押し込めたりします。

自分の感情を抑え込むのは、すごくエネルギーが必要なことで、心にかかる負担はとても大きなものとなります。

また、傷ついた自分を否定することで、さらに自分を苦しめてしまうということです。

感情に良い/悪いはない

誰かの言動で傷ついたとき、もとの元気な自分に戻るためには、「自分が傷ついた」という事実から目を背けてはいけません。

傷ついている自分に気づき、自分の気持ちを受け入れることで、自分の心を癒していくことができます。

大人でも子供でも、心が強い弱いに関係なく、人はかんたんに傷つくものなのです。

そして、傷つく理由は人それぞれ違うので、「こんなことで傷つく自分は弱い」などと考える必要はありません。

また、

「この人は、なんでこんなことを言うんだ!」とか、

「この人は、本当に嫌なことを言うな!」などといった怒りの感情に、良いも悪いもありません。

感情というのは、私たちに何かを教えてくれる「心からのサイン」なので、すべてが大切なものなのです。

心に負担になるものとは?

心に一番負担をかけるのは、傷ついた気持ちを抑え込んでしまうことです。

実際には傷ついているのに、それをなかったことにして、放置しようとしてしまうから、傷が深くなったり、更に悪化してしまうのです。

ですので、心の痛みを感じる自分、イヤな気持ちになっている自分を否定しないようにすべきです。

感情は受け入れることで鎮まっていく

傷ついた自分に気づいたら、

「それはつらいよね。」

「それはイヤだよね。」

とあなた自身に語りかけてみてください。

悪口を言われたとき、

批判をされたとき、

何かを失敗したとき、

「イヤだな」とか「つらいな」という思いが出てきたら、その痛みを受け入れてあげてください。

「自分は今、嫌な感じがしている」という心の痛みを受け入れるのは、つらい作業になるかもしれません。

しかし、いったん受け入れてしまうと、その感情はスッと鎮まっていき、心が癒され、痛みから解放されていきます。

普段の生活の中で、誰かの言動に傷ついたり、嫌な出来事を思い出して、心の痛みを感じたら、

「今イライラしているな」

「なんかモヤモヤした感じがするな」

などと、自分の感覚を心の中で表現してみましょう。

そして、そんなつらい思いをしている自分に、励ましの言葉をかけるのです。

「苦しいのに、よく頑張っているね!」などという言葉をかけて、深呼吸しながら気持ちが落ち着いてくるのを待ってみましょう。

日常的に起こる「だいたいの心の揺れ」は、このように、自分の感情を受け入れ、自分に癒しの言葉をかけてあげるだけで鎮まっていきます。

抑え込もうとすると 心の揺れは大きくなる

心の傷や痛みというのは、誰かの言動や嫌な出来事を経験することによって、心が衝撃を受けて揺れている状態です。

ですから、時間の経過と共に、その揺れは治まってくるものなのです。

しかし、「傷ついた自分」を認めることができず、なかったことにしたいと、その気持ちを抑え込もうとするから、心の揺れをさらに大きくしてしまうのです。

感情は受け入れることで、鎮まっていくのです。

自分の感情を素直に認めることができれば、その感情を抑圧するのに、無駄なエネルギーを消費することもなくなります。

その結果、心に余裕が生まれ、落ち着きを取り戻すことができるのです。

まとめ

・うつ病者は特に、心が傷つきやすい
・つらい感情を押し込めてはいけない
・感情を受け入れると、早く楽に鎮まる

ココロン
「つらいときは、我慢しちゃダメなの?」

川島先生
「つらい時はつらいって話してよ!」

川島先生
「きっと感情が治まって、心が楽になるはずだから!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる