接し方

うつ病の家族との接し方、「励ましてはいけない」本当の理由

うつ病の方に対して、安易に「頑張れ」とか「頑張ろう」のように、

安易に ”励ましてはいけない”

というのはとても一般的なことです。

それでは、なぜ励ましてはいけないのか?そしてどのように接してあげるべきなのか?

・・・

うつ病者を励ましてはいけない理由

健常者であれば、相手から、「頑張れ」、「頑張ろう」のように、励ましの言葉をもらうと、少なからず嬉しいと感じることだと思います。

しかし、うつ病者の方の場合は、「頑張れ」、「頑張ろう」は、あまりオススメできません。

なぜなら、うつ病者はご本人が今できることを、自分なりに精一杯頑張ってるつもりです。

そのような状態で、さらに「頑張れ」、「頑張ろう」と安易に励ましの言葉を掛けてしまうと、「もう十分頑張っている」、「今まで十分頑張ってきた」そして、「これ以上どうやって頑張れって言うんだ」。

このように、反論されてしまうケースが多いと思います。

また、うつ病者にとっては、あなたから「頑張れ」のような励ましの言葉を受けると、「この人は、自分の気持ちを理解してくれない」と感じてしまい、あなたに対して心を閉ざしてしまう可能性があります。

励ましはプレッシャーになる

また、「頑張れ」、「頑張ろう」という言葉は、うつ病者にとって、プレッシャーを与えてしまいます。

あなたから「頑張れ」という励ましの言葉を受けると、うつ病者は、あなたの期待に応えなければならない、というプレッシャーに感じてしまます。

そして、その期待に応えられる状況であれば、問題ありませんが、その期待に応えられない場合には、そのような状況の自分を責め始めてしまいます。

あなたの善意での励ましの言葉は、逆に、うつ病者を追い込んでしまうことがあることを、覚えておいてください。

どのように接するべきか?

それでは、うつ病者のご家族は、どのように接するべきなのか?

それは、うつ病者の行動そのものには、注目せずに、間接的に相手を認めてあげることです。

例えば、「今日は表情が少しイキイキしてるね」とか、「今日は声のトーンがいいね、少し回復したのかな?」

このように、うつ病者の行動そのものではなく、うつ病者ご本人が、自分では気づけないようなことを、あなたが気づき、ご本人に教えてあげるのです。

こうすることにより、うつ病者に過度なプレッシャーを与えることがなくなります。

また、うつ病者も自分が回復してきていることに気づくことができ、自分に自信が持てるようになります。

ぜひ、「表情の変化」、「声のトーンの変化」に注目してあげてください。

まとめ

安易な励ましは、うつ病者にはプレッシャーになる

直接的な行動ではなく、間接的に相手を認める

表情、声のトーンの変化に注目する

ココロン
「表情って、自分では気づかないから、褒められるとうれしいよね?」

川島先生
「プレッシャーにも、ならないでしょ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる