うつ病克服法

結果は必ず出る、遅れてやってくるので、焦る必要はない

『なかなか結果が出ない。』、『私はこのまま、何も成し遂げないでおわってしまうのではないか?』という人がいますが、このような人は大抵、自分で目標を決めて、達成したことがないのだと思います。

なぜなら、1度でも目標を達成したことがある人なら、『結果は遅れてやって来るもの!』『結果は忘れた頃にやってくるもの』ということを知っているからです。

・・・

結果は遅れてやってくる

結果というのは、すぐに出るものではありません。

行動してから結果が出るまでの間には、必ず時間差があるのです。

つまり、『結果は遅れてやってくる』ということです。

たとえば、会社員として働いているとしたら、実際に労働をして、それをお給料として受けて取るまでには、1か月程度のタイムラグがある。ということは、みんな知っていることだと思います。

『仕事をしてから給料をもらうまでには、ある程度の時間がかかる』ということを知っているから、みんな安心して、待っていられるのです。

結果は遅れるのが当たり前

しかし、そのような『給料支払いのシステム』が分かっていない人は、働いてからすぐにお金を貰えないと、『このまま給料を貰えないのではないか?』と考えてしまいます。

結果は遅れてやってくる、ということを知らないのです。

これと同じように、『自分を変えようと』と目標を立てても、すぐに結果がでないと、『自分は変わる事ができないんだ。』と思ってしまいます。

しかし、結果は遅れてやってくるものです。

むしろ、結果が遅れるのは、当たり前のことなのです。

諦めなければ結果は出る

結果を受け取るのを、先に延ばせば延ばすほど、大きな結果を得ることができます。

小さな結果はすぐにでますが、大きな結果はなかなか出せないのです。

しかし、結果は必ず出るものなので、「出るか?出ないか?」分からないということではありません。

結果は必ず出るものですが、遅れてやってくるのです。遅れてやってくるのは、あなたのために、「達成感」というお土産を探しているからです。

ですので、結果が遅れれば遅れるほど、それは嬉しいことなのです。

『達成感』というお土産がない結果は、すぐにやってきますが、あまり嬉しさを感じることはありません。

結果は遅れているだけ

ということですので、なかなか思い通りにいかないときは、『結果が出ないのではなく、遅れているだけ!』と考えてみてください。

あなたさえ諦めなければ、必ず結果を出すことができるので、心配する必法はありません。

まとめ

・結果とは遅れて出るもの

・大きな結果程、遅れるもの

・今結果が出ていないのも、遅れているだけ

・なにもしなければ、結果はでない

ココロン
「私のLINEスタンプ、あんまり売れてないんだよね!」

川島先生
「大丈夫!結果は遅れてやってくるものだからね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません