うつ病に効く食材

うつ病に効く飲み物とは?3つのおすすめドリンク

きっとあなたは、うつ病を改善させるために、うつ病に効く食べ物、食材についてお勉強されたことがあると思います。

本格的なうつ病治療においては、食事療法が必須になります。

食事と同様に重要なのが、飲み物です。

普段から飲む、飲み物、ドリンクを意識することで、うつ病を改善させたり、予防する効果が期待されています。

・・・

うつ病に効く飲み物とは?

以下に、うつ病の改善に、効果的な飲み物をご紹介していきます。

紅茶のリラックス効果

紅茶には、茶葉由来のポリフェノールが含まれているので、活性酸素の働きにより、脳機能の低下を防ぐ効果が期待されます。

また、紅茶の香りは脳を刺激し、リラックス効果が期待されます。

また、ハーブティーの中には、メディカルハーブと呼ばれるものがあり、欧米などの海外では、うつ病治療の手段の一つとして活用されています。

また、セントジョーンズワードと呼ばれるハーブには、神経伝達物質の分解を抑制する働きがあるため、うつ病の改善に期待されています。

コーヒー、カフェインによる脳の活性化

コーヒーに含まれるカフェインは脳神経を刺激する作用があり、

  • セロトニン
  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン

などの、モノアミンの分泌を促すため、一時的に脳を活性化させつ働きがあります。

コーヒーを全く飲まない人と、1日に2~3杯飲む習慣がある人を比較した結果、コーヒーを飲む習慣のある人の方が、うつ病のリスクが下がるという、研究結果が発表されています。

ただし、コーヒーを飲み過ぎてしまうと、カフェイン中毒になってしまうこともあります。

カフェイン中毒にはくれぐれもご注意下さい。

ココアの精神安定効果

ココアにはテオプロミンと呼ばれる成分が含まれています。

このテオプロミンは、モノアミンの一種であり、精神を安定させる作用、セロトニンの働きを強みる作用があります。

ココアの香り、適度な糖分により、脳をリラックスさせる効果が期待できます。

水の解毒作用

あなたは、抗うつ薬を服用してから、

  • のどが渇く
  • 口が渇く

ことにお悩みではないでしょうか?

抗うつ薬をはじめとする、各種お薬は、症状を抑える作用があります。

作用があるということは、当然副作用もあります。

各種お薬は、基本的には人間の体にとって毒となるものです。

そして人間の体は、その毒をできるだけ早く排出しようとするため、体内の水分が使用されます。

その結果、

  • のどが渇く
  • 口が渇く

という、副作用、悪影響が発生します。

これらの副作用は、脱水症状の状態であるため、脳の働きが著しく低下させてしまいます。

まとめ

うつ病の効く飲み物、紅茶、コーヒー、ココア
抗うつ薬の副作用で、脱水症状になる
意識的な、水分補給を心がける

ココロン
「めまいがするって思ったら、ただの脱水症状だったよ・・・」

川島先生
「脱水症状を軽視しちゃダメだよ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる