うつ病者の自己啓発

うつ病の原因は、セロトニンではない。ただ〇〇を忘れただけ

もしもあなたが、長年投薬治療を続けてきたのに、うつ病は一向に回復しない。

なんどもなんども再発を繰り返す。

そのような繰り返しの日々、人生に絶望を感じているのでしたら、ぜひこの続きを読んでみてください。

・・・

志・こころざし、忘れていませんか?

こころざし、こうしようと心に決めたこと。

きっとあなたは、自分はなんのために生きているのか分からない。

生きている意味がない。

生きている価値がない。

・・・

そのような事を毎日毎日考えてしまっているのかもしれません。

うつ病だから・・・

本当にそうでしょうか?

きっとあなたは、「うつ病を治すこと」にとらわれ過ぎて、志を見失ってしまった、忘れてしまったのだと思います。

きっとあなたが若かったころ、「なんらかの志」を持ち、その志に基づいて生きていたことだと思います。

そして、志に満ち溢れたあなたの表情はきっとキラキラと輝いていたことだと思います。

人間、志を立てるのに、遅すぎることはない

自分なんて、なにをやってもどうせダメ。

きっとこれもうまくいかないだろう。

今更そんなことしても、手遅れ。

できない理由、やらない理由を挙げるのはとても簡単です。

私自身も、時に志を忘れてしまったり、見失ってしまうときが多々あります。

でも、それを繰り返すほどに、あなたは志を忘れてしまう、見失ってしまうことでしょう。

うつ病の原因はセロトニンではない

世間一般では、うつ病の原因は脳内伝達物質セロトニンが減少したから。

そのように考えられています。

でも私は、このセロトニン説に異議を唱えたいと思います。

セロトニンを追いかけた結果、志を忘れた

ただそれだけのことだと、私は考えています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

克服 できない 人の

共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?






いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません