うつ病

更年期うつ病とは? 7つの症状と、原因から対処法まで紹介

うつ病で心が苦しいとき
  • ほてり
  • のぼせ
  • めまい
  • 動悸
  • 頻尿

もしもあなたが、このような症状でお悩みでしたら、
更年期うつ病の可能性があります。

今回は更年期うつ病症状対策をご説明致します。

・・・

更年期障害とは

 
女性の更年期とは、卵巣機能の低下が起こる閉経前後の時期を指します。

年齢でいうと、45~55歳くらいを、更年期を表現します。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減退することにより、更年期障害が起こる考えられています。

エストロゲンの分泌量が減少すると、今までエストロゲンによってコントロールされていた、身体の様々な機能がうまく働かなくなります。

また、エストロゲンの分泌が現象すると、脳は卵巣に対して、女性ホルモンを出すように信号を送ります。

その際に、脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の働きがうまくいかなくなります。

これにより、神経の調節不良や、心身の不調が起こりやすくなります。

 

更年期障害の症状

 
更年期障害の症状を以下に示します。

  • ほてり
  • のぼせ
  • めまい
  • 動悸
  • 頻尿
  • 手足の冷え
  • 手足のしびれ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 倦怠感
  • 耳鳴り
  • 目のかすみ
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 腰痛
  • 不眠
  • イライラ感
  • 不安
  • 気分の落ち込み
  • 意欲の低下
  • 集中力の低下

 

更年期障害の治療

 
更年期障害の治療は、分泌が少なくなったエストロゲンを補充する、ホルモン補充療法が中心となります。

また、子宮を有する場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。

保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療としてもっとも期待されています。

 

更年期障害の背景

 
この時期は子供の成長や巣立ち、夫婦関係や介護の問題など、生活が大きく変わりやすい時期でもあります。

子供たちが就職や結婚で親元を離れていくことは喜ばしいことですが、一方では母親としての役割が終わってしまったことへの寂しさや、喪失感に見舞われ、うつ状態になってしまうことがあります。

このような状況を、鳥の雛が巣立っていく様子にたとえて、空の巣症候群とも呼ばれます。

 

更年期うつ病との違い

 
自分自身の身体の老化を強く意識してしまったり、老後の生活について不安に感じたり、心身のバランスが崩れてうつ病、更年期うつ病になりやすい時期でもあります。

更年期障害はさまざまな症状が現れるの病気です。

そして、更年期うつ病と見分けがつきにくい病気でもあります。

 

まとめ

 
もしもあなたが、上記のような症状や、心の変化を感じ始めたら、気軽に産婦人科精神科に受診してみて下さい。

早期の発見が、早期の回復に、必ず役に立ちます。

 

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる