うつ病に効く食材

うつ病に良い飲み物をお探しなら、紅茶がオススメの3つの理由

もしもあなたがうつ病に効く飲み物をお探しでしたら、紅茶がオススメです。

今回は、紅茶をオススメする3つの理由をご説明致します。

・・・

紅茶のリラックス効果がうつ病に良い

紅茶には心の健康、リラックス効果をもたらす成分が含まれています。

テアニン(アミノ酸の一種)

タンニン(ポリフェノールの一種)

これらは心を穏やかにしてくれる鎮静作用があります。

うつ病の時に紅茶は控えるべき

上記とは対照的に、うつ病の時には紅茶は控えるべきという意見もあります。

なぜ、このように意見が分かれてしまうのか。

それは、紅茶に含まれるカフェインによる覚醒効果が原因とされています。

カフェインが含まれる飲み物

カフェインが含まれる飲み物の代表として、紅茶以外に、コーヒー、緑茶などが有名です。

以下に、それぞれのカフェインの含有量(150mlあたり)を示します。

  • 紅茶 50~80mg
  • コーヒー 80~150mg
  • 緑茶 30mg

あなたもご存知の通り、これらカフェインには、興奮作用、覚醒作用があるため、寝る前にカフェインの含まれる飲み物を摂取してしまうと、眠れなくなってしまう可能性があります。

しかし、これらのカフェインの作用、効果はあくまで一時的なもので、摂取1時間から2時間でその効果はなくなります。

ですので、カフェインは控えるべきというのは、あくまで就寝前に限ったことだと言えます。

毎日紅茶を飲めば、うつ病は治るのか?

確かに紅茶のリラックス効果、鎮静作用は心を穏やかにしてくれることが期待されます。

しかしだからといって、毎日紅茶を飲む、飲み続ける、とにかくたくさん紅茶を飲んだからといって、うつ病が治るわけではありません。

紅茶を飲む=うつ病が治る、という間違った理解はしないでください。

カフェに行った時の感覚

きっとあなたも喫茶店、カフェに行ったことがあると思います。

一般的にカフェといえば、衛生的な広いスペースが確保されていて、紅茶もしくはコーヒーの香りが漂い、さらに心が落ち着くリラックス音楽が流れています。

単純に紅茶を飲みたい、コーヒーを飲みたいのであれば、コンビニで買っても、自動販売機で購入しても、同じことになります。

しかし、それでは満足できない人たちがカフェに足を運んでいます。

彼らはなにを求めてカフェにくるのか?

リラックスしたい

コーヒーを飲むためでも、紅茶を飲むためでもありません。

心をリラックスさせるために、場所と時間を購入しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる