うつ病と仕事

うつ病で休職中に、必ずすべき、3つコト

もしもあなたが、うつ病が原因でお仕事を休職しているのであれば、必ずしなければいけないコトがあります。

それは、職場復帰するにしても、退職して他のお仕事を探すにしても同じことです。

・・・

休職、まずは心身を休める

きっとあなたの主治医の先生も、このまま仕事を続けるよりも、心身を休めて、回復させるべき。

そのような判断のもとに、あなたに休職を勧め、診断書を書いてくれたことだと思います。

それは、今その仕事を続けていても、あなたにとってのストレスの原因から、解放される見込みがない。

そのような理由だと思います。

ストレスから解放される

休職を認められ、あなたは今、何もしなくても、誰からも責められない状態にあるのかもしれません。

会社の上司から叱られたり、同僚から白い目で見られることはないでしょう。

無理な仕事を任されることもないでしょう。

きっとあなたの家族も、あなたのストレスを最小限に抑えるために、最大限の理解を示してくれていることだと思います。

そんな環境についつい甘えてしまい、「1日中何もしない」日々が続いているのかもしれません。

誰からも責められない、でもストレスを感じる

休職、そして家族の理解を得られた。

これで完全にストレスフリーの環境を得られたはず。

しかし、それでもあなたは、ストレスを感じていることだと思います。

そのストレスの原因とは、

自分を責めてしまう

きっとあなたは、真面目で責任感が強く、几帳面な性格の持ち主だと思います。

そんなあなたは、何もしない、何もできない状態の自分が許せないと感じてしまうことだと思います。

会社の人からも、家族からも責められることはない。

でも、自分で自分を責めてしまう。

つまり、自分でストレスの原因を作ってしまっているのです。

今の自分になにができるのか?

休職中とはいえ、何もしない状態が続いてしまうことは、結果的にあなた自身が苦しむことになります。

そこで、「今のあなたに何ができるのか?」に注目して頂きたいと思います。

その挑戦が必ずしもうまくできなくてはいけない理由はありません。

100%理想的でなくてもよい

100%理想的である必要はありません。

50点でも、

30点でも、

10点でもいいのです。

ただ、何もしなければ、0点です。

0点が続けば、だれでも落ち込みます。

行動計画表を作成する

そんなあなたには、まず行動計画表を作成するコトが最優先になります。

例えば、1日のタイムスケジュールを作成する。

これは、私の1日のタイムスケジュールを作成したものです。

その通りに行動できるかどうかは、それほど問題ありません。

まずは、自分の行動に計画を立ててみる。

必ずしもその通りに行動しなければいけないというわけではありません。

それでも、自分自身に一定のルールを課しておくことで、あなたが今何をすべきなのかが明確になるはずです。

まとめ

休職中?休むと何もしないは、違う
何もしないと、自分で自分を責めてしまう
10点でもいいけど、0点はダメです

 

ココロン
「ちなみに川島先生は、今日は何点なの?」

川島先生
「まぁ30点ぐらいかな?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる