うつ病

うつ病の休職期間に給与がもらえる、これが意味するコトとは?

うつ病休職期間給与

あなたは、うつ病による休職期間に、
満額ではないが給与、給料もらえることは、
ご存知だと思います。

これは、あなたの生活を、守るための処置であり、
あなたの権利でもあります。

しかし、この権利が、あなたを追い込んでいることに、
気づけますか?

・・・

うつ病の休職期間の給与

あなたは、うつ病により、休職しても、その休職期間に給与をもらえることを、当たり前と思っていませんか?

給与が支払われることは、あなたの生活を守るための処置であり、あなたの権利でもあります。

しかし、この権利が、同時にあなたの将来を、追い込んでいるという現実を、理解することができますか?

 

あなたが利益に貢献することを前提に、雇用契約を結んでいます

あなたの会社は、あなたが、その会社で利益に貢献してくれることを前提に、雇用契約を結んでいます。

本当にあなたの存在が、その会社にとって、利益につながるものであれば、問題ありません。

しかし、あなたが、その会社にとって、利益を生むことができないのであれば、その会社にとって、あなたは、不要な存在です。

このような、その会社にとって、不要な人間は、通常、リストラという形で整理されます。

 

うつ病を理由に、リストラはできるのか?

一般的に、病気を理由に、社員を解雇、いわゆる、クビにすることはできません。

うつ病も、病気として認められています。

ですので、うつ病を理由に、解雇することはできません。

しかし、うつ病を理由にリストラをすることは、可能です。

正確には、病気を理由にすることはできませんが、あなたのその会社への貢献度に対して、貢献度が低い場合には、リストラの対象になることでしょう。

 

うつ病なんだから、仕方がないだろ?

あなたは、うつ病は病気なんだから、仕方がないだろう、そう考えているかもしれません。

しかし、それは、あなたの一方的な言い分でしかありません。

経営者からすれば、会社の利益に貢献しないんだから、仕方がないだろう、そう言われるだけです。

 

休職期間に給料を貰うということ

経営者からすれば、会社の利益に貢献しない人間、働かない人間に対してお金を払うのは、バカバカしいことです。

給料だけではありません。住民税、所得税、健康保険料など、あなたを雇用し続けるためには、莫大な費用を、会社が負担することになります。

あなたは、休職期間に給料をもらえることを、当然の権利だと、考えているかもしれません。

しかし、会社の経営者は、利益に貢献しない社員は、整理することは当然と考えています。

 

つまり、あなたの体調が回復して、いざ職場に復帰しようとしたとき、あなたが、戻る場所があるという保障は、ありません。

 

まとめ

  • うつ病だから仕方がない、は、あなたの一方的な言い分です
  • 経営者は、利益に貢献しないのなら、リストラは仕方がないと考えます
  • あなたに、戻る場所があるという保障は、ありません

 

ココロン
「給料を貰う権利は、リストラされる権利でも、あるのかもね!」

川島先生
「うつ病者にとっては、厳しいかもしれないけど、普通に考えれば、当たり前のことだよね!」

 
 
次はコチラを読んでください

うつ病が再発したら、休職すればいいと、思っていませんか?
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる