うつ病の症状と対処法

うつ病、眠剤が効かないときの、対処法

あなたがうつ病で、

眠剤を飲んでも眠れない

このような事にお悩みでしたら、ぜひこの記事の続きをご覧下さい。

・・・

眠剤を飲んでも眠れないことは、よくある

私自身も、あなたと同じようにうつ病経験者で、当時は眠剤を服用していました。

主治医の先生の指示通りに眠剤を服用することで、ほとんどのときは、しっかりと眠ることができます。

しかし、仕事のストレスや、強い不安を感じているときには、やはり、眠剤を飲んでも眠れないときは、結構ありました。

眠れないことは、不安を増す

いつも通り、眠剤を飲んでいるのに眠れない。

明日は仕事だ。

考えれば考えるほど、不安になります。

当時私は、その不安のあまり、1日に、2回分の眠剤を飲んで対処していました。

多めに飲めば、確かに眠れる

現在は、非常に作用の強い睡眠薬が登場しています。

そして、規定以上の眠剤を飲めば、確かに眠れます。

それを繰り返すとどうなるか?

日本の薬事法の規定により、あなたに処方できる眠剤の量には制限があります。

もしもあなたが、眠剤を多めに飲んでしまって、

眠剤がないから、処方してください

と主治医の先生に相談しても、薬事法の規定により、これ以上あなたに眠剤を処方してくれません。

  • 泣いても
  • 土下座しても
  • どんなにお願いしても

ダメなものはダメです

医師は、薬事法に定められた、分量以上の眠剤を処方することは、絶対にありません。

その結果あなたは、

  • 全く眠ることができない
  • 睡眠薬にも頼れない

最悪の状態に陥ります

あなたには、私と同じ過ちを、絶対にして頂きたくありません。

そこで、眠剤を飲んでも眠れないときの、正しい対処法をご紹介します。

 

眠剤を飲んでも眠れないときの対処法

真っ暗の部屋で寝る

寝室の蛍光灯は全て消してください。

オレンジ色の補助灯も、消してください。

テレビ、パソコン、電源タップからの光も消してください。

とにかく、徹底的に部屋の明かりを消してください。

寝る前には絶対に食べない

お腹が一杯になると、眠くなり、昼寝をしてしまった経験があると思います。

しかし、昼寝と、夜の睡眠は、その役割がまったく異なります。

就寝前に食事をすると、寝ている間に、胃腸が働き続けます。

その結果、あなたの睡眠の質が低下します。

睡眠前にリラックスする

一番現実的で、理想的なのがお風呂です。

就寝の2時間前くらいにお風呂に入り、湯船に使ってください。

お風呂に入って、気持ちをすっきりさせ、リラックスした状態をつくり、睡眠の質を向上してください。

 

まとめ

  • 眠剤を多く飲めば、確かに眠れる
  • 法律により、規定以上の眠剤は、絶対に処方されない
  • ODをしたら、医師もあなたを助けようがなくなる

 

ココロン
「なんで眠剤は制限があるの?」

川島先生
「それを悪用した犯罪が起こるからだよ!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる