うつ病克服法

うつ病を治そうとしてはいけない、3つの理由

きっとあなたは、うつ病を治したい、うつ病を治そうと躍起になっていることだと思います。

しかしあなたの期待とは正反対に、一向に改善しない。

そんな自分自身に対して、イライラ。

・・・

症状は悪いものという固定観念

うつ病で、

  • やる気が起きない
  • 集中力が上がらない
  • イライラする

あなたはこのような症状に悩んでいることだと思います。

なぜ、悩んでしまうのか?

きっとあなたは、これらの「症状は悪いもの」と考える固定観念があるのだと思います。

確かに症状が無い方が快適

やる気が起きない状態よりも、やる気が上がっている時の方が、快適。

集中力が上がらない状態よりも、集中力が上がっている時の方が、理想的。

イライラしているときよりも、心が落ち着いている時の方が、気持ちがよい。

だから、できるだけ早く、快適、理想的、気持ちが良い状態に持っていきたいと考えてしまう。

風邪の場合

例えば風邪をひいた場合のことを思い出して頂きたい。

風邪をひくと、熱が出たり、咳が出たり、鼻水が出たりと、さまざまな症状が出てきます。

そして、熱を下げるために、氷で冷やしたり、解熱剤を服用したり。

咳を止めるために、咳止めの薬を飲んでみたり。

鼻水を止めるために、鼻水を止めるための薬を飲んでみたり。

確かに、この方法で、あなた症状が治まり、その悩みが解決するのかもしれません。

なぜ症状が出るのか?

症状を強制的に抑えてしまう前に、なぜその症状がでるのかを考えて頂きたい。

体内に入り込んだ悪いウイルスを退治するため、あなたの体は、自動的に体温を上げて、ウイルスを撃退しようとしています。

また、咳、鼻水も同じで、できるだけまたウィルスを体外に排出するために、自動的に働く機能です。

これらを総称して、自己治癒力と呼んでいます。

薬は自己治癒力を殺してしまう

あなたの体には、正常な状態に戻すための自己治癒力があらかじめ備わっています。

しかし、その「症状は悪い」ものという固定観念から、薬でその症状を抑えてしまいます。

たしかにそれらの不快な症状を抑えることはできますが、自己治癒力を殺してしまっては、その根本的な原因は解決しないはずです。

うつ病を薬で治す、は正しいのか?

2017年現在、悲しいことに、うつ病と治療といえば、薬物療法が一般的です。

確かに薬の作用により、その不快な症状はある程度抑える、麻痺させることはできるのかもしれません。

しかし、その根本的な原因は解決しないことだと思います。

あなたが薬を飲むことで、あなたの上司が理想的な人間になりますか?

薬を飲むと、あなたの経済的な不安が解消しますか?

薬を飲むことで、人間関係が良好になりますか?

薬を飲むと、将来の不安がなくなりますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる