うつ病

うつ病で寝たきりになる原因と回復、リハビリのために入院

うつ病で会社を休めないときの対処法

うつ病の症状がひどく、何もしたくない。

何もしたくないからと行って、

1日中寝たきりの生活をしてしまう人がいます。

このような場合、最終的に医師から、

入院を勧められることになります。

・・・

なぜ、寝たきりになってしまうのか?

あなたは、うつ病がなかなか治らず、起きていても、何もしたくない。

何をやってもうまくいかない。

身体がだるくて、身体を動かすことが億劫かもしれません。

あなたにとって、唯一の自分の居場所が布団の中なのかもしれない。

そして、そんな自分自身を責めてしまう。

布団の中にこもっていれば、誰にも関わることなく、1日を過ごすことができるかもしれません。

一日中寝たきりの生活を続けていて、うつ病の症状が良くなると思いますか?

残念ながら、一日中寝たきりの生活を続けていても、うつ病の症状が改善することはないでしょう。

なぜなら、一日中寝たきりで、何もできないあなた、自分自身を責めてしまうでしょう。

そして、何もできない自分に、どんどんと自信を失っていくことになります。

そして、最終的には、自分は生きている価値がない、死んだ方がまし、死んでしまいたい。

このように、自殺願望がどんどんと増していくことになります。

自殺願望が増してくると・・・

自殺願望が増してくると、外来病院の医師としては、これ以上打つ手がなくなります。

そして、「入院」を勧められることになります。

あなたはどうしますか?

医師から、

入院してください

と言われたとき。

あなたは、入院することを希望しますか?

きっと、あなたは、今まで通り、自宅での静養を続けるコトを希望するはずです。

今までは大丈夫だったから、これからも、大丈夫だろう。

きっと、あなたは、そんな風に考えていたかもしれません。

でも、あなたがうつ病を改善するために、行動、努力をしようとしなければ、どんなに薬を飲み続けたところで、改善の見込みがありません。

うつ病の入院は、うつ病を回復させる、最も効果的な方法です

入院することになれば、今までの通り、1日中寝たきりの生活は、強制的にできなくなります。

朝は必ず定時に起床し、朝ごはんから始まり、その病院ごとのカリキュラムに応じた生活をすることになります。

いつでも担当の専門医が常駐しているので、不安なことがあれば、いつでも相談することができるでしょう。

そんな生活を続ければ、あなたのうつ病は格段に回復するはずです。

1ヶ月をすれば、見違えるようにうつ病は回復することでしょう。

ただし、

多くの人は、入院することを拒否します

当然、入院することになれば、相応の費用が発生します。

今までのような自由な生活はできなくなります。

過去に入院生活がない人にとっては、不安なことでいっぱいだと思います。

まとめ

  • 寝たきりの生活をしていても、あなたが苦しいだけです
  • そして、死にたくなります
  • 医師から入院を勧められたら、あなたはどうしますか?

ココロン
「入院するって、不安だよね」

川島先生
「ほとんどの人は入院をイヤがるよね。でも、一番楽になれるんだけどね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる