うつ病

うつ病の兆候 脳の病気?心の病気?正しい治療とは?

『もしかしたらうつ病かも?』

きっとあなたのうつ病人生は、このような疑問から始まったことだと思います。

今回は、うつ病の兆候についてご説明したいと思います。

・・・

うつ病の兆候とは?

うつ病の兆候としては、睡眠と食欲の問題が出やすくなりますが、本人はそのことに気づきにくく、いろいろな面で体調を崩しやすくなります。

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病になりやすい人の特徴として、

  1. 真面目な性格
  2. 頑張り屋気質
  3. 完璧主義

が挙げられます。

きっとあなたも、これらのどれか、もしくはすべてが当てはまることだと思います。

しかし、意外に知られていないのかこのような性格です。

休憩をとることが苦手

うつ病になりやすい人は、

脳が興奮しやすく、一時的に異常な集中力を発揮するタイプの方

と言い換えることができます。

そして、なにより、

  • 休憩をとることが苦手

という傾向があります。

上記であげた性格を短期間で改善することは容易ではありません。

しかし、『意識的に休憩をとる』ということは、今日からでもすぐにでも始められることです。

もしもあなたが、休憩をとることが苦手だと自覚があるようでしたら、『意識的に休憩をとること』から始めて頂きたいと思います。

うつ病は こころの風邪ではない

うつ病は『こころの風邪』という言葉が定着して久しいですが、ここではっきりと申し上げておきます。

うつ病は『こころの風邪』ではありません。

これは、製薬会社のキャッチコピーですので、もう二度と騙されないで頂きたいと思います。

うつ病は脳の病気であり心の病気

うつ病は脳の病気であるとともに、心の病気でもあります。

うつ病は脳の病気

うつ病になると、脳内伝達物質モノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)が減少します。

抗うつ薬は直接脳の神経伝達物質に作用する。

生物学的素因である。

つまり、遺伝子も関係する病気です。

うつ病は心の病気

日常のストレスがきっかけにうつ病を発症することが多い。

小さなストレスの積み重ねの場合、自覚しづらいことが多い。

うつ病を克服するために

以上の説明を踏まえると、

『脳の病気』に対して、主治医の先生の指示のもと、処方薬を服用する。

『心の病気』に対して、ストレス原因から離れて、休息をとる。

必要があれば、そのストレス状況を調整する。

自分なりのストレス対処法を持つ。

『うつ病スパイラル』まずいパターンを見直すことで、再発防止になる。

これらの対策は、

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 適度な運動

を正していく事が大前提です。

つまり、薬を飲むだけ、ストレスから逃げるだけでは、うつ病は改善しません。

まとめ

・うつ病は『こころの風邪』ではない
・休憩を意識的にとる
・睡眠、食事、運動などの生活習慣が最重要

 

ココロン
「よし、明日から早寝早起きするぞ!」

川島先生
「はりきり過ぎて、3日坊主では、意味がないよ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる