うつ病

うつ病の再発を予防するために、農作業に挑戦しませんか?

農作業

もしもあなたが、

  • うつ病がなかなか治らない
  • うつ病の再発を恐れている

この様なことにお悩みでした、農作業に挑戦してみませんか?

先日、実際に私自身の経験をふまえて、なぜ、今のあなたに農作業が必要なのかを、お教えしたいと思います。

・・・

木の枝を裁断して、肥料に

今回、私が挑戦したのは、木の枝を裁断して、それらを肥料にする仕事です。

私は、職業柄、基本的にパソコンの前に座っています。

そして、それと同時に、スマホでいろいろな情報をチェックしています。

私は、パソコンや、スマホといったものに囲まれている環境が好きです。

農作業なんて、正直やりたくない。

私はそう考えていました。

しかし、お義父さんからの、なかば、強制的な提案だったので、しぶしぶ、木の枝の裁断に挑戦しました。

 

農作業は、重労働です

今回の私の仕事は、小型トラックの荷台に、山積みされた、木の枝を、木の枝専用の裁断機(シュレッダー)にかけて、木の枝を細かくする作業です。

これにより、木のチップを作っていきます。

裁断には、家庭用の比較的小型ではありますが、電動式の裁断機を使用しました。

トラックに積まれた、木の枝を下ろします。

小さい木の枝は、そのまま裁断機にかけることができますが、太い木の枝、枝がたくさんあるものは、事前に、ハサミで小さくしてから、裁断機にかける必要があります。

枝切バサミをつかって、木の枝を、切り出していきます。

普段、ほとんど、運動をしない私にとっては、木の枝をハサミで切るだけでも大変な作業でした。

 

農作業は単純作業

裁断機にかけれるくらいの大きさに切り出した、木の枝を、裁断機にかけていきます。

特に何も考えることなく、ひたすらに、木の枝を裁断機にかけて行きます。

だんだんとコツを掴んでいくと、こうしたら、作業性がいい、こうすると、時間短縮できる、など、新しいアイデアが浮かんできます。

 

午前中でギブアップしました

本当は、午前、午後の1日の作業の予定でしたが、あまり体力のない私は、午前中でギブアップしてしまいました。

 

お昼ごはんが、美味しすぎる

私は、午前中ですっかりと疲れきってしまいました。

そして、お昼ご飯を頂く事にしました。

お昼ごはんを一口食べて思ったこと。

ご飯が、美味しすぎるんです。

農作業を終えた後の、食事は、とにかく、なんでも美味しく感じる。

ちょっと美味しいという、レベルではありません。

もはや、究極といっていいほど、とにかく美味しいのです。

 

うつ病の方には、農作業はきついかも

うつ病の方は、体力が落ちているので、いきなり農作業を行うのは、相当つらいはずです。

しかし、普段しないことに挑戦することは、とてもよい気分転換になります。

そこには必ず、新しい発見があるはずです。

新しい発見の中には、あなたが、あなたらしく生きるためのヒントがあるはずです。

 

まとめ

  • うつ病で体力が落ちている人には、農作業はきつい
  • 農作業の後の、ごはんは、究極に美味しい
  • 新しい挑戦の中から、生きるヒントを見つけてください

 

ココロン
「川島先生、お昼ご飯食べ過ぎて、そのあと爆睡してたね!」

川島先生
「本当に、ご飯が美味しくて、ついつい食べ過ぎちゃったよ!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません