うつ病

うつ病だからこそ、周りに理解されなくてもいいと考える

きっとあなたが、何か新しいっことを始めたり、まだ誰もやっていないようなことをすると、それに対して必ず反対する人がでてきます。

その反対する人とは、例えば、自分の親であったり、配偶者であったり、恋人で会ったり、お友達、同僚なのかもしれません。

そして、決まってこのように言うことでしょう。

『そんなの無理に決まってる』

『失敗するのがオチだ』

・・・

未来のことは、何も決まっていません。よね。

・・・

反対意見はダメージが大きい

自分がこれだと信じたものに対して、周囲の人から反対されることは、精神的ダメージが大きいものです。

でも、なぜあなたが、これをしたいのかと考えるのかというと、あなたは、何らかの変化を求めているから。

ではないでしょうか?

現状を打破して、変化を起こしたい。

しかし、周囲からの反対により、結果的に精神的なダメージを受ける。

だから、結局、現状打破することができない。

うつ病の方には、このような、もどかしさが、常につきまとうことだと思います。

理解されないことに不安を感じる

周囲の人から理解してもらえることに対しては、安心感を得られることができることだと思います。

しかし、その反対に、周囲の人や相手から理解されない状態は、大きな不安を感じることだと思います。

あなたとしては、なんとかうつ病を克服して、現状打破したいと考えているのに、それについての理解を得られない状態。

まさに、どうにもならない状態が続いてしまうため、ツラサはどんどんと増して行ってしまうことだと思います。

理解者がいないのは当たり前だと考える

そんなあなたのどうしようもない、うつ病のつらさを軽減させる。もしくは、ツラサそのものをなくしてしまう方法はあります。

そもそも、理解者がいない状態こそが、当たり前だと考えるようにするのです。

もしくは、『たったの1人でも理解してくれる人がいればラッキー!』このように考えるのです。

もともとそのように考えることができれば、そもそも理解されないことに不安を感じたり、憤りを感じることもありません。

イライラする理由もなくなります。

自分に確信をもって行動する

どんなことでも同じことを言えますが、何か新しい行動を起こしたとき、始めのうちは、あなたの事を理解してくれる人は少ない、もしくは全くいない状態からスタートします。

しかし、そのような状態に焦る必要はありません。

なぜなら、それは普通であり、当たり前、当然だからです。

もしも初めの段階で、一人でもあなたの事を理解してくれる人がいたらラッキーであり、

その人との関係だけを大切にすればよいことです。

その人との良好な関係が、新しい良い人間関係を、少しずつ増やしていってくれることでしょう。

まとめ

・理解を求めるから、反対されるとダメージが大きい
・初めは理解者ゼロが 当たり前
・一人でも理解者がいればラッキーと考える

ココロン
「心のグラフも初めは反対の人が多かったよね!」

川島先生
「そうだね!」

川島先生
「今でも反対派は、多いかもしれないけどね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる