うつ病

性同一性障害とうつ病の関係について、研究結果が発表された

性同一性障害とうつ病

性同一性障害により、身体は男性であっても、自分自身は女性と感じている人に、健康上どのような特徴、影響があるのかについて、現在研究が進められています。

そして、研究中の内容から、被験者の精神の健康について、ある特徴が報告されました。

・・・

研究内容

性同一性障害の女性(身体は男性だが、自分自身は女性だと感じている人)を対象に、HIV感染症の予防対策の効果を調べるために、アメリカで現在研究中の『Project LifeSkills』の参加者の特徴をまとめたものです。

16歳から、29歳の、性同一性障害の女性で、性的活動がある人、298人が対象となりました。

被験者には、あらかじめ決められた質問による問診を行い、うつ症状などの、精神への問題があるかどうかを調査されました。

研究結果

被験者全体のうち、14.7% の人に、うつ症状が確認された。

詳細は以下の通りです。

特定の障害の有病率は以下のとおり:

生涯での大うつ病エピソード35.4%

調査時点での大うつ病エピソード14.7%

自殺傾向20.2%

全般性不安障害7.9%

心的外傷後ストレス障害9.8%

アルコール依存11.2%

アルコール以外の精神作用物質使用の依存15.2%。

精神的な問題があった人の割合

今回の研究結果から、このような傾向がわかりました。

  • うつ症状があった人 14.7%
  • 30日以内に自殺するリスクが高い人 20.2%
  • アルコール依存の傾向がある人 11.2%
  • 全般性不安障害の可能性がある人
  • 心的外傷後ストレス障害の可能性がある人

今後の展望

今回の研究結果より、性同一性障害の人は、なんらかの精神障害を抱えていることが多く、それゆえ、薬物依存に陥りやすい。

従来の薬物治療のあり方を見直し、カウンセリング認知行動療法などの、心理療法を、積極的に行って行きたい。

特に、未成年者の場合には、自殺のリスクが高いため、できるだけ早い処置が求められる。
 
 

 
 

 
 

まとめ

  • 性同一性障害の人は、うつ病などの、精神障害を発症しやすい
  • 性同一性障害の人は、薬物依存に陥りやすい
  • 未成年者は自殺のリスクが高いため、早めの処置が必要

 
 

ココロン
「体は男性で、心は女性?マツコさんみたい人かな?」

川島先生
「マツコさん、おもしろい人だけど、とても健康そうには見えないよね!大丈夫かな?」

 
 
 
次はコチラを読んでください

うつ病で自殺するなら、安楽死がオススメな理由を動画で説明
 
 
 
うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

川島 剛 の プロフィールはこちら
 
 
 
コチラも読んでください

うつ病克服プログラム・心のグラフの開発経緯

8年間もの うつ病経験から 生まれたもの
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる