うつ病克服法

うつ病を改善する 運動と生活リズムとは?

きっとあなたは、うつ病の治療として、長年投薬治療を続けていることだと思います。

しかし、これら投薬治療は、適度な運動や生活リズムの改善をすること前提で行われているものです。

今回は、うつ病を改善するための、運動と生活リズムについてご説明させて頂きます。

・・・

うつ病の治療とは?

  • 抗うつ剤の服用
  • 心身の休養
  • 心理療法

プラス

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 運動

きっとあなたが長年続けてきたものは、一番上の『抗うつ剤の服用』のみ。

ではないでしょうか?

確実にうつ病を改善させていくためには、お薬の服用以外に、心身をしっかりと休めること。

心理療法を受診すること。

そして、日常生活において、

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 運動

特にこの3つに意識した生活を送る必要があります。

心と身体の健康要素

心と身体を健康に保つためには、いかのようなことが重要になります。

  • 適度な運動・または活動
  • バランスのとれた栄養・食生活
  • 休養
  • 十分な睡眠
  • ストレスと上手につきあうこと

なぜ生活リズムが大事なのか?

うつ病の発症により、不眠や食欲低下などの症状が出て、睡眠や食事のリズムが崩れます。

さらに、休職や離職された方の場合は、毎日同じ時間に通う(外出する)ということがなく足るため、さらに生活リズムが乱れやすくなります。

生活リズムとは身体のリズム

生活リズムとは、日中の活動(活動期)と、夜間の睡眠(休息期)が一日周期で繰り返されるリズム現象です。

  1. 生体リズム
  2. 環境
  3. ライフスタイル
  4. 適応能力
  5. 活動への動機づけ
  6. 一日の予定
  7. 日中の活動
  8. 夜間の睡眠

などが影響し、個人の状況によっても異なります。

※体温や血圧が日内変動することも、生体リズムの影響を受けています。

生活リズムに影響を与える要因

生体リズム

私たちの体には、意識しなくても決まった周期で体の働きを変動させる『生体リズム』と呼ばれる機能が備わっています。

たとえば、夜、暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める、睡眠・覚醒のリズム。

日中は交感神経(心身を活発にする)、夜間は副交感神経(心身をリラックスさせる)の働きが高まります。

これらを総称して、自律神経、自律神経の働き、と呼んでいます。

生体リズムの乱れは、睡眠やホルモン分泌の乱れを招き、精神の安定に影響を与えます。

まとめ

・薬を服用だけでは 治療にならない
・生活リズムを整えるのは もはや常識
・睡眠、運動、食事がもっとも大切

ココロン
「川島先生も、なかなか治らなかったんでしょ?」

川島先生
「うん、以前は運動が嫌いだったからね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる