うつ病克服法

うつ病と呼ばれている 自分を縛る思い込みから解放する必要がある

きっとあなたは、『自分はうつ病だ!』という明確な自覚があることだと思います。

私自身もうつ病経験者として、今のあなたと同じように、『自分はうつ病だ!』と信じてやまなかった時期がありました。

・・・

そして今となって思う事。

それは、『自分はうつ病だ!』は、1つの思い込みに過ぎなかったのでは?

ということです。

・・・

だれもに 思い込みがある

人にはだれでも、そしてそれぞれ、いろいろな思い込みがあり、それらの思い込みによって、あなたの行動を制限している場合が多くあります。

あなたのその思い込みは、正しいコトなのかもしれませんし、まったくのデタラメ。間違っている場合も十分あります。

しかし、人というのは、自分の思い込んでいることを、まず、疑ったりすることはありません。

脳は3%しか使われていない

とある研究結果によると、人間の脳というのは、全体の3%ぐらいしか使われていないと言われています。

そのごくわずかな力は、『自分にとって重要だ!』と思われる情報だけを取り入れることに使われています。

たとえば、新しいスマホが欲しいな!と思ったら、スマホの広告ばかりが目につくようになります。

欲しい車ができると、それと同じ型の車種ばかりを、町中で見かけるようになります。

きっとあなたも、このような経験をしたことがあると思います。

ただ気づいていなかっただけ

新しいスマホの広告も、欲しい車種の車も、今までもずっと、あなたの周りに存在していて、見かけてはいたはずです。

しかし以前は、あなたの脳が、それらを重要だと判断していなかったから、気づくことすらできなかったのです。

人間の脳というのは、あなたにとって重要だと判断したもの以外は、基本的に気づくことができないのです。

過去の記憶を使って、あなたにそれを、『見ているつもり!』にさせているだけなのです。

『思い込み』とは過去の記憶

たとえば、毎日会っているはずのあなたの母親、お母さんが、急に老けたように感じた経験はありませんか?

しかし、実際には、あなたのお母さんは、あなたが気づかないうちに、徐々に、少しずつ老けていっただけで、ある日突然、老けてしまったわけではありません。

この場合、あなたにとっての『思い込み』とは?毎日、お母さんの顔を見ている『つもり』になっていいただけで、実際には、過去の記憶を使って、見ている『つもり』になっていただけです。

過去の記憶をアップデートすると?

そんな過去の記憶をアップデートするために、お母さんの顔を、よ~く、ジロジロ見てみると、

『あれ、いつの間にこんなに老けてしまったんだろう?』と気づくものです。

私たちは、世の中にあるもの、そのほとんどのものを、『過去の記憶』を使ってみているのです。

だから、本当は違うものに変わっていても、気づくことができないことがある。

これこそが、『思い込み』の正体です。

思い込みに縛られると?

きっとあなたは、過去にこのような経験があったことだと思います。

会社の同僚に、仕事を頼んだのに、断られてしまった。

そして、断られた相手に、『もう一度、仕事を頼んでも、きっとまた断られるに違いない!』

思い込みが発生!

このような『思い込み』が発生します。

以前、仕事を断られたのは、たまたま、その相手が忙しかっただけ、なのかもしれません。

もしくは、もっと優先して実行すべき、仕事や要件があっただけ、だったのかもしれません。

にも関わらず、あなたは、たった1度断られただけにも関わらず、『きっと、また断られるに違いない!』と思い込んでしまうのです。

このようなことを、『思い込みに縛られた状態』と表現しています。

思い込みは、今を見ようとしないこと

このような『思い込み』とは、今の正確な状態を確認することなく、過去の記憶だけで物事を判断してしまうのです。

過去は過去で、今となってはなんの価値のないことです。

それよりも、重要なことは、今なにが起こっていて、今後どのように行動していくのか?

こちらに焦点を合わせて行動すべきなのに、『思い込み』により、過去の記憶をもとに行動を制限してしまうのです。

自分の思い込みを疑う

きっとあなたは、このような思い込みがあることだと思います。

『自分はうつ病だから、〇〇はできないに、決まっている。』

『今の自分には無理だ。』

本当に 決まっていることなのでしょうか?

本当に今のあなたには、無理なことなのでしょうか?

  1. できない。
  2. 無理だ。

という言葉が頭によぎった時には、自分自身の思い込みを疑ってみてください。

以前は、できない、無理だったことでも、今であれば、できる事、たくさんあるはずですよ。

まとめ

・だれもが、思い込みで生きている
・無理、できないは、ただの思い込みかも?
・今ならできること、たくさんあるはずです!

ココロン
「贅沢すると罰が当たるって、本当かな!?」

川島先生
「それは『思い込み』だと思うよ!」

川島先生
「ただ少し、貯金が減るってだけの話でしょ!?」

変わりたい ? だったら
変わろうと しない のは

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?





いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません