うつ病克服法

うつ病で仕事中に、眠い、ひどい眠気の対処法

もしもあなたが、うつ病を患っていて、仕事中にひどい眠気に悩んでいるようでしたら、ぜひ、この記事を読んで下さい。

・・・

仕事中に眠くなる原因

うつ病の方に限った話ではなく、まったく健康な人でも、仕事中に眠くなることはよくあることです。

日中、仕事中に眠くなってしまう代表的な原因は、以下の通りです。

  • 夜更かしをして睡眠不足になっている
  • 毎日の生活リズムが崩れている
  • 睡眠時間がバラバラになっている
  • ストレス、不安で、よく眠れていない

このように、生活リズムが崩れてくると、当然、睡眠時間がバラバラになってきます。

その結果、仕事中の集中力が下がってしまったり、仕事中に居眠りをしてしまうことになります。

 

うつ病による、仕事中の眠気

うつ病の代表的な症状として、不眠があります。

そして、きっとあなたも、夜眠るときには睡眠薬を服用していることだと思います。

睡眠薬の効用

現在様々な睡眠薬が販売されています。

きっとその睡眠薬の効用には、「すみやかに睡眠できるように・・・」などと記載されています。

しかし、結局のところ、睡眠薬とは、薬の作用により脳を麻痺させ、強制的に気を失った状態に持っていくもの、と考えたほうがよいでしょう。

少し乱暴な表現をしましたが、全く眠れない状態が続くよりは、睡眠薬の作用であっても、眠ってしまったほうが、あなたにとって気持ちが楽になることでしょう。

日中に眠くなる原因

日中、仕事中に眠くなる原因の一つは、睡眠薬です。

あなたが服用した睡眠薬の作用が残っている状態では、当然眠く感じるはずです。

どうしても昼間の眠気がひどい場合には、主治医の先生と相談して、睡眠薬を減らす、作用の弱いものに変えるなどしてみて下さい。

もっとも有効な対策

睡眠薬の作用が残ってしまい、日中、仕事中に眠い場合には、睡眠時間を前倒ししてください。

つまり、

早寝早起きの習慣

もしかしたらあなたは毎日、夜12時に就寝しているのかもしれません。

でしたら、思い切って、夜9時頃に就寝してください。

そうすれば、睡眠時間を3時間シフトすることができます。

その結果、いつもよりも早く、目が覚めるかもしれません。

朝早い時間に起きても、仕事中ではないので、あなたにとって、特に支障はないはずです。

もう少し眠いと感じるのなら、2度寝をしてもいいですし、せっかく朝早く起きたので、運動をかねて散歩をしてみる。

あなたが好きな事に取り込んで見るなど、あなたの工夫次第で、忙しいあなたに貴重な時間となることでしょう。

 

まとめ

  • 不規則な生活は、睡眠の質を低下させる
  • 睡眠薬の作用が残っていれば、眠いのは当たり前
  • 睡眠時間をシフトして、朝の時間を有効活用

 

ココロン
「川島先生、朝早くからお仕事してるよね!」

川島先生
「静かだから、集中力があがるんだよね!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる