うつ病

うつ病の診断基準と 抑うつ気分とはどういう状態?

きっとあなたは、体調の悪い日が続き、『もしかしたらうつ病かもしれない!』

そんな思いで病院に駆け込んだことがあると思います。

今回は、どのような基準でうつ病と診断されるのかを理解して頂きたいと思います。

・・・

うつ病の診断基準とは?

「うつ病」「大うつ病性障害」は、以下の症状のうち、少なくとも5つの症状を伴った障害とされています。

  1. 抑うつ気分
  2. 興味または喜びの喪失
  3. 食欲の減退あるいは増加
  4. 体重の減少あるいは増加
  5. 不眠あるいは睡眠過多
  6. 無価値観または過剰な罪悪感
  7. 思考力や集中力の減退または決断困難
  8. 死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図

これらの症状がほとんど1日中、2週間以上にわたって持続する。

さらに、その症状のため、著しい苦痛があり、日常生活(職場、学校、家庭など)に支障をきたしている。

 

このような内容から、うつ病の診断が行われています。

きっとあなたも、上記のような症状に心当たりがあると思います。

抑うつ気分

『抑うつ』という言葉は、医療関係ではよく使われることばですが、いまいちピンとこないかもしれません。

『抑うつ』について、ウィキペディアではこのように定義されています。

気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと。

この文章を読んでお分かり頂けることだと思いますが、ただ単純に気分が落ち込んでいるレベル。

とは別物だということです。

健常者の方の多くが勘違いしてしまうのが、

単純に、一時的に気分が落ち込んでいる状態。

実際にうつ病の方は、一時的どころではなく慢性的に気分が落ち込んでいるわけです。

さらには、

思考力の低下

感情がない、もしくは感情の起伏が著しく激しい。

なにをやっても幸福感を感じることができない。

など。

食欲の減退と増加

美味しいものをお腹いっぱい食べると、幸福感が得られる。

きっとあなたもこれまでに経験的に理解していることだと思います。

現代社会はストレスがたまる事ばかり。

そんなストレスを発散する方法の一つが、美味しいものをたくさん食べること。

そして、ストレスを解消させるために、ついついお腹いっぱい食べてしまうものです。

うつ病で食欲が増加するのは、ストレスを解消させるための行動と言えます。

それとは反対に、食欲が減退する人もいます。

この場合は、うつ病の症状により、胃腸の働きが低下し、その結果食欲が減るという結果になります。

この食欲の増加、または減退により、体重が増加してしまったり、減少してしまうことになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる