うつ病克服法

うつ病でも、少量のお酒は、問題ないと思います、ただし・・・

もしかしたらあなたは、うつ病を患っていて、主治医の先生から、

お酒は飲んではいけません

と説明を受けているかもしれません。

でも、少量であれば、問題ないと思います。

・・・

うつ病でお酒がダメな理由

きっとあなたの服用するお薬の説明欄、注意欄に、

飲酒は控えてください

と書かれているはずです。

お酒を飲むと、血流量が増える

お酒を飲むと当然、血流量が増えます。

お薬を服用している場合、

  • お酒を飲む、飲まない
  • 1回に飲む量
  • お酒を飲むタイミング

で、お薬の作用、効果が変わってしまいます。

あなたのうつ病の症状を緩和させるために、主治医の先生は、あなたの体調に合わせて、お薬の種類と量を調整しています。

ですので、あなたがお酒を飲んでしまうと、主治医の先生は、薬の調整ができなくなってしまいます。

そして、何のために、毎回病院に通い、診察を受け、お薬を飲んでいるのかが、分からなくなってしまいます。

これでは

治療の意味がありません

そのため、飲酒は控えてくださいという指示が出ています。

 

しかし、

少量のお酒は、ストレスを解消する

昔から、「アルコールは百薬の長」という言葉があります。

適度なお酒は、身体への害も少なく、ストレスを解消する作用があります。

適度なお酒は、あなたの気持ちを楽にしてくれます。

 

お酒を飲みたいなら、主治医と相談

もしもあなたが、お酒を飲みたいと考えているのでしたら、主治医の先生に相談してみて下さい。

基本的には、

お酒は控えてください

と言われてしまいますが、根気強くお願いすれば、お薬への影響を減らせる

  • お酒を飲んでも良いタイミング
  • 1回に飲む量

を、こっそり教えてくれるかもしれません。

ダメモトで、相談してみて下さい。

 

しかし、

うつ病とアルコール依存症は併発しやすい

うつ病の方が、アルコール依存症になる

アルコール依存症の方が、うつ病になってしまう

このようなケースは非常に多いです。

うつ病の症状が強く出てしまうと、それを紛らわすように、お酒を薬代わりに飲んでします。

もちろん、お酒をたくさん飲んだからといって、その症状が治まるわけではありません。

それでも、お酒を飲んでしまいます。

このような状況が続けば、いつかはきっと、あなたもアルコール依存症になってしまうことでしょう。

 

お酒は、自殺の可能性を高める

確かに、お酒を飲むと一時的に気分が楽になります。

しかし、お酒を飲むことで、逆に心理的な苦痛が強くなったり、攻撃性が高くなってしまうこともあります。

そして、社会的なトラブルを起こしてしまったり、そのことがきっかけで、自殺してしまう人もいます。

 

まとめ

  • 「お酒は百薬の長」というが、薬ではない
  • お酒はあなたの気持ちを楽にするかもしれない
  • 逆にあなたを苦しめる結果になるかもしれない

 

ココロン
「やっぱりお酒は控えた方がいいと思うよ!」

川島先生
「余計につらい思いをするのかもね。」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる