双極性障害

双極性障害の症状・躁転して失敗してしまった女性からのご相談

心のグラフの川島です。

今回は、双極性障害(躁うつ病)を患っている女性の方から、ご相談を頂きました。

今回は、こちらの女性がその症状により、失敗してしまったケースについて、ご紹介していきたいと思います。

・・・

本当に後悔しています・・・

女性の方より、、

後悔しています。

私は初恋だった男性に迷惑かけてしまった最低の人間です。

 

というのも、数年前にFacebookを始めた頃、その初恋の男性の名前を偶然見つけてしまいました。

そして、もちろん、友達申請をしたところ、すぐに承認してくれました。

私は学生時代、引っ込み思案な性格だったため、当時は結局告白できず、そのまま自然消滅してしまいました。

私はこの男性に久しぶりにFacebook上で再開できたことに舞い上がってしまい、異常なまでにテンションが高くなってしまいました。

※ この状態を、躁状態、躁転した、と呼ぶんですね・・・

そのような状態だったので、私は、連日のように、非常識な時間(深夜・早朝)に、いろんなことをメールしてしまいました。

そのような事を何日か続けてしまった結果、ついに、彼がキレて『迷惑だからもうメールしてこないでくれ』と言われてしまいました。

そのメールの文面をみて、私はハッと目が覚めました。

今、私、完全に躁転してるんだ・・・

はっきり迷惑だと言われて目が覚めたのです。

そして、もう人に迷惑かけることはしないと誓いました。

ただ、はっきり忠告してくれたことには感謝しています。

ただ今でも、あの時、非常識な時間にメールを送りつけてしまったことを後悔し続けています。

女性の方より、、

心のグラフ・川島剛の回答

この度は、私にご相談頂き、ありがとうございます。

躁と鬱の波を繰り返す、双極性障害(躁うつ病)において、もっとも怖く、もっとも警戒しなくてはいけないことは、『躁状態』です。

双極性障害のうつ状態

きっとあなたも、過去になんども、双極性障害のうつ状態を経験してきたことだと思います。

  1. 身体がだるい
  2. 考えがまとまらない
  3. 意欲がわかない
  4. ・・・

などなど、さまざまな不快な症状が出るのが特徴です。

ただ、このような不快な症状が出てくれるおかげで、

今、自分は、うつ状態にいる

『今、自分は、うつ状態にいる』ということを、自覚し、自分で気づくことができることです。

また、うつ状態においては、全体的な活動量が減るため、周囲の人たちとトラブルを起こすようなことは、ほとんどありません。

双極性障害の躁状態

双極性障害の症状の中で、もっとも恐ろしく、もっとも厄介なのは、『躁状態』です。

躁状態になると、

  1. 身体のだるさを感じない
  2. 新しいアイデアが次々にでる
  3. 意欲的になる
  4. 極端に異性にアプローチする
  5. ・・・

このように、うつ状態とは、ほとんど真逆で、いい事ばっかりのように感じてしまうかもしれません。

躁状態のご本人は、自分の考えは、絶対的に正しいものと考えて、疑うこともありません。

また、自信過剰になってしまったり、いつもなら言わないような、暴言を吐いてしまうこともあります。

このような事が相重なって、躁状態で人間関係のトラブルが頻繁に起こるのです。

そして、躁状態のもう一つ厄介なこと。

それは、

躁状態は自覚ができない

自分が、躁転してしまったこと、躁状態にあることを、自覚ができないのです。

もしも自覚できているであれば、それは理性により、人間関係のトラブルに発展してしまうような行動は、控えるのが普通です。

しかし、躁状態においては、それを自覚できないため、理性によるコントロールができず、結果的に、『人間関係のトラブル』にまで発展してしまうのです。

躁とうつの波を見える化

双極性障害は、残念ながら現時点では完治が非常に難しい病気です。

ただ、医師の指示通り処方されたお薬をのみ、生活習慣の改善をすることで、完治とまではいきませんが、日常生活に支障がないレベルまで回復することは可能です。

生活習慣の改善のために

生活習慣を改善していくためには、日々の行動や、気分、体調を、記録することが、もっとシンプルで効果のある方法です。

このような、気分、体調を、折れ線グラフで表してみると、そのグラフの波の形から、

  1. うつ状態
  2. 安定期
  3. 躁状態

のうち、今自分がどのような状態にあるのかが、パッと見で分かるようになります。

そして、『今、躁状態にあるな!』と感じている場合には、いつもよりも、慎重に、よく考えてから、行動をする。など。

このような工夫をしていくことで、躁状態による、人間関係のトラブルを、限りなくゼロにすることができるはずです。

これ以上 見捨てられたら

双極性障害は、上述のとおり、人間関係のトラブルを起こしやすい、非常に厄介なびょうきです。

それいえ、人間関係にひびが入る、さらには、人間関係が完全に破壊されてしまうケースも少なくありません。

もしもあなたのパートナー、ご家族、大切な友人から見捨てられたら、最終的には一人ぼっちで病気と闘って行かなくてはなりません。

どうか、そんな悲しい、最悪なシナリオだけは、回避して頂きたいと思います。

心のグラフを使ってください

ここまでこの記事を読んで頂いた、あなたのために、ぴったりのツールがあります。

それは、『ご家族のためのうつ病克服プログラム・心のグラフ』というスマホ・アプリです。

詳しい説明は、アプリ内で、順次ご説明させて頂きますので、まずは、心のグラフをダウンロードして、手に入れてみて下さい。

あなたからのお申込みを、アプリ・心のグラフでお待ちしております。

 

記:心のグラフ・川島 剛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる