双極性障害

双極性障害は 最高から最低へ 気分が激変する病気

心のグラフの川島です。

うつ病という病名はすでに広く知られていますが、『双極性障害』という病名はあまり馴染みがないのかもしれません。

双極性障害とは、これまで『躁うつ病』と呼ばれてきた、気分障害のひとつの病気です。

・・・

かつては 躁うつ病と呼ばれていた

双極性障害の『双極』というのは、「二つの極端な状態にぶれる」ということを意味しています。

  • 気分爽快
  • 元気いっぱい
  • 意欲満々

躁状態と、

  • 憂うつ
  • 意欲が沸かない
  • おっくうで仕方がない

うつ状態という、正反対の状態を繰り返す、精神疾患です。

日本国内ではこれまで「躁うつ病」と呼ばれてきましたが、世界的に用語、言葉を統一しようという流れの中で、その名称が変更されました。

うつ病、双極性障害のいずれも、気分障害に含まれます。

従来、双極性障害はうつ病と比べて、患者数が極めて少ない病気と考えられてきましたが、実は意外に双極性障害を患っている患者さんが多いことが、近年分かってきました。

うつが治らないのは 双極性障害かも

うつ状態だけを見ると、双極性障害とうつ病の区別はほとんどつきません。

うつ状態のときに受診する患者さんは、以前躁状態になったことを、自分からは話しませんし、医師もあえて確認することも少ないものです。

また、ご本人が、自身の躁状態に気づいていないケースもよくあります。

そのため、本来は、双極性障害の患者さんが、うつ病と診断されて治療を続けているというケースが少なくありません。

もしもあなたが、「なかなかうつ病が治らない」と感じているようでしたら、双極性障害の可能性も検討し、主治医の先生に相談してみて下さい。

うつ病と双極性障害では、治療方針が異なりますので、治療法が変わる事で、病状が改善する可能性もあります。

躁とうつ どちらが先?

双極性障害では、躁状態とうつ状態が反復して現れますが、どちらの症状が先に現れるかは、人によって違います。

また、生涯の病相回数にも個人差があり、人によってさまざまです。

早期発見 早期治療が重要

どのような病気であっても、早期発見、早期治療が大切ですが、とくに双極性障害では、次の2つの意味で、早期発見、早期治療が重要になります。

  1. 社会的損失を食い止める
  2. 治療をすれば 改善する可能性がある

社会生活上の損失を食い止める

躁状態のときはケンカをしてしまったり、対立してしまう、

または、それらが原因で、勤務先の会社をクビになってしまう方も多いです。

また、金遣いが荒くなり、借金を重ねたり、破産したり、離婚してしまうケースも多いです。

治療をすれば 改善する可能性がある

うつ病の治療薬である、抗うつ薬は、『双極性のうつ状態』には、あまり効果を期待できません。

これまで、治らなかった、うつ病としての治療ではなく、双極性障害としての治療を行うことで、病状が改善する可能性があります。

まとめ

・双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返すのが特徴

・放置してしまうと、社会的な損失が極めて大きい

・正しく治療すれば、改善する可能性がある

 

躁状態とうつ状態を、日々記録して、コンディションの波を把握することで、トラブルを回避できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる