うつ病の症状と対処法

うつ病で そわそわ 落ち着かないとき その原因と対処法

心のグラフの川島です。

もしもあなたがうつ病を患っていて、気分がそわそわして、落ち着かない。

そのようなことにお悩みでしたら、ぜひこの記事の続きをご覧ください。

・・・

焦燥感

うつ病の代表的な症状として、焦燥感があげられます。

焦燥感とは、気持ちがそわそわとして、落ち着かない、

居てもたっても居られないほど、不快な状態、

このことを焦燥感と呼んでいます。

この焦燥感が強く出ているときは、椅子に座っていることも難しく、立ち上がってその場をうろうろと歩き回ったり、せわしなく身体を動かしたりしてしまう傾向があります。

また、ベッドで横になっていることも大変で、耐え切れず、思わず起き上がってしまうことも、よくあることです。

焦燥感の傾向

うつ病の症状には様々なものがあり、それゆえに、たくさんあるお困り事がありますが、その中でも、ダントツで不快で、耐え難いのが、この焦燥感だと思います。

逆に言えば、この強烈な焦燥感さえ、なんとか凌ぐことができれば、あとの症状やお困り事は、ほとんども物が我慢できる。

そう言っても過言ではないほど、この焦燥感と呼ばれる症状は、不快なものです。

ですので、この焦燥感をいかに対処していくかが、うつ病を克服するためのカギになります。

そこで、あなたが焦燥感に襲われたときの状況を、もう一度思い出してみて下さい。

どのような状況で、焦燥感が起こりましたか?

その多くは、このような状況で起こったことだと思います。

  1. 日中
  2. 自宅で
  3. 一人でいるとき

いかがでしょうか?

夜間よりも、日中に、起こる事が多いと思いませんか?

外出しているときよりも、自宅にいるときに、起こる事が多いと思いませんか?

だれかといる時よりも、一人でいる時に、焦燥感が起こりやすいと思いませんか?

焦燥感への対処

どのような状況で、焦燥感に襲われるのか?

その傾向が分かれば、その対策をすることは、比較的かんたんになります。

例えば、

  1. 日中
  2. 自宅に
  3. 一人でいるとき

焦燥感に襲われる傾向がある人は、

日中、自宅に、一人でいる時間を、作らないようにすればよいことになります。

また、そういう状況になったら、

  • コンビニまで散歩してみる
  • 近所のスーパーまで歩いてみる

などすれば、焦燥感に襲われることを、限りなく回避することができるはずです。

耐えられない場合

先ほどからの繰り返しになりますが、この焦燥感と呼ばれる症状は、非常に不快なものです。

私自身も、過去に何度も経験がありますが、本当に耐え難く、我慢できないほど、不快でキツイものです。

どうしても耐えられないと感じる場合には、主治医の先生に、その状況を伝えて、頓服による対応をご検討下さい。

強い焦燥感が出て、耐えられないほどの場合は、処方されたお薬を飲むことで、その状況を凌いでいきましょう。

オーバードーズをするのではなく、主治医の先生の指示通り、強い焦燥感が出たときに限り、薬を飲んで対処する。

これは、間違ったことではありません。

まとめ

・焦燥感はうつ病の症状の中で、もっとも不快

・焦燥感は、日中、家に、一人でいるときに、起こりやすい

・耐え難い場合は、頓服を検討してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる