うつ病

うつ病で眠剤を飲んでも眠れない人に 知ってほしい睡眠の役割

きっとあなたは、主治医の先生から処方された眠剤を飲んだのに、寝付けないことに不安やイライラを感じていることだと思います。

そんなあなたに、今回は、睡眠の種類と役割を理解して頂きたいと思います。

・・・

睡眠の種類と役割

きっとあなたもどこかで一度は聞いたことがあると思いますが、睡眠には大きく分けて2種類が存在します。

  1. レム睡眠
  2. ノンレム睡眠

レム睡眠

レム睡眠とは、主に身体を休ませるための睡眠です。

眠りの深さは、比較的浅いです。

そのため、身体の筋肉は完全に弛緩(ゆるんで)しています。

その代わり、脳は活発に働いていて、記憶の整理をしている、と考えられています。

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠とは、主にあたま、脳を休ませるための睡眠です。

眠りの深さは、比較的深いです。

主な働きは、集中的に脳の疲労を回復させます。

また、成長ホルモンが分泌されます。

さらに免疫の働きが活発化するため、病気になりにくくなります。

季節による睡眠時間の変化

きっとあなたは、7時間の睡眠が自分にとって最適だ!

そのように信じていることだと思いますが、実は、季節によって微妙に睡眠時間は変化するものです。

季節と睡眠時間の長さ

春を基準として説明します。

  1. 春:普通
  2. 夏:短い
  3. 秋:長い
  4. 冬:かなり長い

睡眠時間の短い夏と、睡眠時間がかなり長り冬とでは、30分~1時間ほどの違いがあります。

これは、日照時間の長さの影響を受けているものだと考えられています。

年齢による睡眠時間の変化

最近よく眠れなくて・・・と悩んでいる人は大勢います。

しかし、それが必ずしもうつ病からくる不眠、睡眠不足だとも言い切れません。

なぜなら、年齢が上がるにつれて、睡眠時間は短くなるものだからです。

年齢と睡眠時間の目安を以下に説明します。

  • 15歳:8時間
  • 25歳:7時間
  • 45歳:6.5時間
  • 65歳:6時間

この年齢と睡眠時間の目安は、あくまで健康な人の標準的な睡眠時間を意味しています。

漠然と、眠れないことに悩む前に、ご自身の年齢と、標準的な睡眠時間を比較してみるのも、よいことかと思います。

結局のところ、必要な睡眠時間は?

ここまで睡眠の種類、時間、年齢別の標準睡眠時間について説明をしてきましたが、

成人の睡眠時間は、6~9時間

もちろん、個人差があるため、睡眠時間が短いとダメとも言えませんし、睡眠時間が長すぎるからといってダメ、とも言えません。

日中すっきりと過ごすことができる睡眠時間が、あなたにとっての理想的な睡眠時間と言えます。

まとめ

・うつ病の方に必要なのは、ノンレム睡眠による脳の疲労回復
・季節や年齢によって、睡眠時間は変わってくる
・日中すっきりと過ごせるが、理想的な睡眠時間の目安

ココロン
「ワタシの場合は、8時間が理想かな!」

川島先生
「日中すっきりと活動できてるの?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる