うつ病克服法

睡眠薬を減らすための 4ステップ とは?

もしもあなたが、うつ病を患っていて、完治を目指すのであれば、そのためには減薬が必要になります。

今回は、睡眠薬を減らすための4ステップについてご紹介したいと思います。

・・・

8時間睡眠を目指さない

ほどほど眠るでOKとする

睡眠薬をやめるためには、まず不眠症を治す

そのためには処方された睡眠薬を正しく服用する

むやみに怖がったり、自己判断で原料や増加をしては効果も十分に引き出せない

症状改善から1~2か月程度での減薬開始を水曜

よく眠れたという体験の積み重ねが再発リスクを低下させる

『不眠症が治る』=「すべての睡眠の悩みから解放される」ではない

一時的な悪化は既定路線

断薬恐怖を乗り越える

断薬後の不眠は禁断症状(身体依存)であることもあるが、「今晩から薬が減る」という不安感から生じている「禁断症状もどき」「心理的不眠」が多い。

3ヵ月以上のBZs服用者が漸減・中止を行うと、38~41%に離脱症状が生じた。

一方でプラセボ服用群でも、27~36%に離脱症状が生じた。

不安や緊張があると目がさえるのは当たり前。

減薬にチャレンジした当初は眠りの質が一時的悪化するのは既定路線と開き直る

ゆっくり安全に漸減する

急がば回れ

減薬をする際は、睡眠の質を高める睡眠習慣を身につけておけば休薬の成功率が高まる

漸減法

2~4週間ごとに、25%ずつ減薬。

減量により症状が再燃した場合には前の容量に戻してされにゆっくりしたペースで減量する

隔日法

3日に1回から2日1回、数日に1回と徐々に服用しない日を伸ばしていき、最終的には中止する。

置換法

作用時間の短い薬剤を中~長時間作用型の薬剤に置き換えてから漸減する

最後のひとかけら

続けてもいいんじゃない?

うまく減薬が進んだのに、最後に残った1/4 錠がやめられない。

薬理学的には休薬同然だが、なぜかゼロにできない「禁断症状もどき」

絶対にやめると気負うと眠れなくなる

たまに服用する程度なら問題なし

寝付けなかったらすぐ服用しよう

など、

開き直るといつの間にか眠れる人も多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

治らない人共通点 とは?

 
比較的、かんたんに 治る人 と、

いつまで経っても 治らない人 がいます。


そして、 治らない人 には、

決定的な 共通点 があります。


もしかしたら、あなた、その共通点に

「心当たり」ありませんか?

 


・質問1:

あなたはときどき、孤独感に襲われることがありませんか?




・質問2:

あなたは他人のために、自分の利益を我慢することがありませんか?




・質問3:

あなたは、「このままでいいのか?」と焦りを感じることがありませんか?







いかがですか?

心当たり 、ありませんか?




はい、心当たりが あります

 

いいえ、心当たりは ありません