うつ病克服法

うつ病で、少しくらいの飲酒・アルコールは大丈夫なのか?

医師からうつ病と診断されて、投薬治療を行うようになると、主治医の先生から、飲酒は禁止されることになります。

お酒が好きなあなたにとっては、非情ともとれるこの飲酒禁止。

結論から言えば、少量の飲酒は、まったく問題ありません。

・・・

うつ病で、飲酒・アルコールが禁止になる理由

お酒の影響により、お酒を飲んでいる間は、気持ちが楽になることを感じることができると思います。

また、飲酒、アルコールを摂取すると、血液の循環量が増加します。

うつ病で投薬治療をしている場合、血液の循環量が増加すると、その服用しているお薬の作用が強くでることになります。

また、そのお薬の作用が、通常よりも早く喪失することになります。

投薬治療中にお酒を飲むこと

うつ病で投薬治療中にお酒を飲むことは、薬を飲んだり、飲まなかったり、多めに飲んでしまったりしてしまうことと同じことになります。

医師があなたに望むこと

主治医の先生からしてみれば、できるだけ早くあなたに合ったお薬を見つけて、あなたのコンディションを安定させてあげたい。

コンディションを安定させることにより、日常生活における支障を減らし、通常の生活が送れるようにしてあげたい、そのように考えています。

あなたがお酒を飲んでしまうと

主治医の先生の希望とは裏腹に、あなたが飲酒、アルコールを摂取してしまうと、お酒を飲んだり、飲まなかったりにより、現在あなたが服用している薬の種類、薬の量が適正かどうかが判断できません。

当然、うつ病の症状の改善が見られなければ、お薬の量を増やす、または、別のお薬を試すなどの処置を繰り返すことになります。

その結果、当然うつ病の治療は長期化します。

長期化するだけなら、大した問題ではありませんが、このようなことを繰り返していれば、確実にうつ病は悪化していくことになります。

うつ病の治療が長期化すると

うつ病の治療が長期化すれば、当然、治療費を多く払い続けることになります。

いくら治療を続けても、うつ病の改善が見られないことに、あなたはさらに失望してしまうことになります。

あなたがお仕事をされている場合、会社内でのあなたの評価は、確実に下がり続けます。

最終的には、うつ病を理由に、「依願退職を勧められる」ことになります。

そして、あなたは失業し、路頭に迷うことになります。

少量のお酒は大丈夫?

少量の飲酒は問題ありません。

本当に、少量で済めばの話です。

しかし、うつ病の治療中にお酒を飲んでしまう人のほとんどは、少量ではすみません。

薬に依存し、さらにお酒に依存し、築いた時には、手遅れになっている場合が多いからです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる