うつ病と仕事

うつ病が再発して、退職。その後について

もしもあなたが、うつ病を患っていて、

これ以上仕事を続けることに限界

を感じているのでしたら、ぜひこの記事の続きを読んで下さい。

・・・

仕事を続けることに限界を感じる

私自身もうつ病経験者です。そして、今のあなたと同じように、何年もの間うつ病が治らず、これ以上仕事を続けることに限界を感じていました。

何かストレスに感じるものがあるたびに、体調が悪化して、その度に病院に駆け込む。

そんな生活を何年も続けていました。

これ以上、こんな生活を続ける意味はないのでは?

毎日のように考えていました。

仕事を辞めれば、自由になれる

そして、仕事を辞めれば、全てのストレスから開放され、自由になれる。

きっとそこには新しい生活が待っているはず。

そんな事を考えていました。

実際に会社を退職しました

私は、3回目のうつ病の再発をきっかけに、12年間勤めた会社を退職することになりました。

正確には、「辞めさせられた」という表現が正しいのかもしれません。

実は、私自身も、次のうつ病の再発、3回目のうつ病の再発をきっかけに、会社を退職することを、事前に決めていました。

確かに自由になった

会社を退職することになり、確かに自由になった。

仕事のストレスを感じなくなった。

会社を退職して、3ヶ月ぐらいは、本当に自由に、快適な生活を送る事ができた。

周囲の視線

会社を退職するということ。

確かにうつ病の改善のために、静養につくすと言うと聞こえがよいが、世の中からすれば、ただの「ニート」なのだ。

もちろん、私、あなただけでなく、世の中には、病気の為に、働きたくても働けない人が大勢いる。

一部の人は、「病気なのだから仕方がない」と考えてくれますが、多くの人は、「やっぱり、ただの甘えなのでは?」と考えます。

それは、家族であっても、最愛のパートナーであっても同じことです。

最初のうちは、「病気なのだから仕方がない」そのように言ってくれますが、歳月が過ぎると共に、その考え方が変わってきます。

お前はただ、逃げているだけ

私には、義理のお父さんがいます。お義父さんは、非常に寛大な性格な方で、最初のうちは、仕事をしていない状況を認めてくれていました。

しかし、歳月が経過すると、だんだんと考え方が変わってきました。

  • 俺は、お前が病気だとは思わない
  • お前はただ、逃げているだけ

このような事を言われるようになります。

唯一信用できる家族からも、批判されるようになります。

 

むしろ、こちらのストレスの方が強烈です。

 

まとめ

  • 会社を辞めれば、仕事のストレスは確実になくなる
  • 最初のうちは、理解される
  • 歳月の経過とともに、ミカタが敵になる

 

ココロン
「家族から批判されるのは、つらいよね・・・」

川島先生
「会社員時代のストレスの方が、はるかに楽だったよ!」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる