うつ病克服法

うつ病で、床屋、美容院に行かない、行けない理由

うつ病の症状がひどいときは、髪がボサボサに伸びてしまっても、床屋さんや美容院に行くことが、億劫になってしまうことだと思います。

今回は、うつ病の方が床屋、美容院に行けない、行かない理由を解説したいと思います。

・・・

そもそも外出するのが面倒

うつ病の症状がひどいときは、床屋、美容院だけでなく、外出すること自体が億劫になります。

お腹が空いている場合、家の近所にコンビニがあったとしても、わざわざ外出するぐらいなら、空腹を我慢した方がまし。

そのように考えてしまうかもしれません。

床屋、美容院での会話が面倒

気持ちが乗らないときは、誰とも話したくないと感じることだと思います。

しかし、床屋さん、美容院に行くからには、最低限、「どのような髪形にするのか」をお店の人に伝えなければなりません。

鏡に映った自分の顔を見るのがイヤ

床屋、美容院に行けば、30分~60分くらいは、正面の鏡に映った自分の顔を見続けることになります。

自信なさげの自分の顔、表情を見ていると、さらに自分に自信を失ってしまうかもしれません。

髪形が気に入るかどうか分からない

どのような髪形にすれば、自分が気に入るのか分からない。

散髪に失敗して、もっと変な髪形に・・・

このような事を考え始めてしまうと、散髪すること自体面倒になり、先延ばしになってしまうかもしれません。

女性の方の場合

男性よりも、女性の方の場合は、髪形、外見へのこだわりが強いことだと思います。

似合う、似合わないは気にしない

男性であっても、女性であっても、散髪した後の髪形が似合う、似合わないを気にしてしまうものです。

時間をかけて外出し、お金をかけて、散髪に行くわけですから、どうせなら、「自分に似合っている」髪形であって欲しいというのは分かります。

周りから、「その髪形、似合うね!」なんて言ってもらいたいという気持ちも分かります。

残念ながら、あなたのそのような期待とは裏腹に、「その髪形、似合うね!」なんて気の利いた言葉をかけてくれる人は、圧倒的に少ない。むしろ、いないと考えた方がよいと思います。

さっぱり感と、清潔感を手に入れる

床屋さん、美容院に行き、散髪が終わった後には、確実に「さっぱり感」を感じることができます。

この「さっぱり感」を得るためだけに、散髪に行く、理由はそれだけでもいいと思いませんか?

ボサボサに伸びてしまった、不衛生な髪形よりも、多少あなたにとって、気に入らない(似合わない)髪形であったとしても、「清潔感」が手に入ればそれで十分だと思いませんか?

これから暑い季節が始まる

2017年もそろそろ本格的な梅雨を迎え、そのあとには、夏が到来します。

ボサボサに髪が伸びた状態は、頭が蒸し暑く感じて、不快に感じることだと思います。

その不快感があなたのストレスを増加させてしまうかもしれません。

まとめ

散髪は億劫かもしれない
さっぱり感、清潔感、不快感の減少
これだけメリットがありますが・・・

 

ココロン
「川島先生、正直前の髪形の方が、良かったと思うの・・・」

川島先生
「そうか・・・」

川島先生
「でも、頭がサッパリしたからいいかな?」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる