うつ病克服法

梅雨は、うつ病が悪化しやすい、その原因と対策とは?

梅雨に入り、最近なんとなく憂鬱、気分が優れない、そんなことにお悩みではないでしょうか?

実は梅雨は、うつ病が悪化しやすい季節です。

・・・

梅雨でうつ病が悪化する原因

梅雨という季節には、うつ病を悪化させてしまう要因、原因がたくさんあります。

活動量の低下

雨が降っていることで、外出の機会が減ったり、運動量が低下してしまいます。

運動量が低下することにより、睡眠の質が低下してしまいます。

ジメジメとした不快感

日本人の多くは、梅雨独特のジメジメとした気候を望みません。

その結果、何かをするのがおっくうになるのは、当然のことだと思います。

しかし、活動量が低下すればするほど、今まであなたができていたことまで、できなくなってしまいます。

気温の寒暖差

梅雨の季節は、朝夕は冷え込むのに、昼間は暖かいという、気温の寒暖差が激しい季節です。

その結果、あなたの体は、上手に体温をコントロールすることができず、疲れやすく感じたり、体がだるく感じることだと思います。

気圧の変化

梅雨の季節は気圧の変化が激しくなります。

気圧が低い状態のときは、体内に吸収できる酸素の量が減少するため、疲れやすく感じたり、いつも以上にストレスがたまりやすい状態にあります。その結果、自律神経が乱れ、うつ病が悪化することになります。

日照量の減少

うつ病は太陽の光、日照量にも大きな関係があります。

梅雨の季節は、当然、日照量が減少するため、セロトニン不足になり、気分が落ち込む、やる気がでない、さらには、うつ病が悪化する可能性があります。

以上のように、梅雨には、うつ病を悪化させてしまう原因がたくさんあります。

梅雨のうつ病悪化への対策

快適な湿度を保つ

人間が快適と感じる湿度は、40~60%です。

梅雨時には、湿度80%を超える日も続きます。

エアコンの除湿機能を使って、部屋の湿度を調整してください。

セロトニンを増やす

梅雨の季節は日照時間が少なくなりますが、その少しの晴れ間、または、曇りの場合であっても、積極的に日光浴を行うようにしてください。

また、セロトニンを増やすためには、セロトニンの材料となるトリプトファンを豊富に含む食材を摂取することを心がけてください。

軽い運動を取り入れる

雨が降っていてもできる運動に注目してみてください。

うつ病の改善には、有酸素運動が効果的です。

例えば、ヨガのDVDを購入する、ネットの動画を視聴することで、ご自宅で運動をすることもできます。

慣れないうちは、疲れやすく、しんどいと感じるかもしれませんが、少しずつでも続けていくことで、運動をすることで、血流が良くなり、頭の中がスッキリして、身体も軽くなることを実感できるはずです。

ぜひとも、今年こそは、梅雨を制して、うつ病を制してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる