うつ病

うつ病からアルコール依存症へ、驚愕の負の連鎖、3パターン

もしもあなたが、うつ病を患っているのであれば、
主治医の先生から、アルコール類を控えるように
指示されていることと思います。

あなたは、なぜ、アルコールがダメなのか、
理解していますか?

最悪の場合、アルコールにより、
自殺してしまうケースがあるからです。

もしもあなたが、アルコール依存症でお悩みでしたら、
この記事は、あなたのためのものです。

・・・

うつ病とアルコール依存症は併発しやすい

2016年現在、うつ病とアルコール依存症で、苦しんでいる方が、非常に多く、今や社会問題になっています。

うつ病がきっかけで、その不快感を解消するために、アルコールを多量に摂取してしまい、うつ病とアルコール依存症を併発してしまうのです。

 

うつ病とアルコール依存症の関係

うつ病とアルコール依存症には、大きく分けて、2つのパターンがあります。

 

不快感を紛らわすため

  • 不安な気持ちをなくしたい
  • 早く眠りたい
  • 気分を高めたい

などの理由から、薬の代用として、お酒を大量に飲んでしまうケースです。

 

アルコールの作用のため

アルコールは、通常、気分を高める作用があります。

一方では、お酒を飲むことで、孤独感絶望感を強めてしまう作用もあります。

そのため、お酒を飲むことによって、さらに気分が落ち込んでしまうのです。

また、不安や不眠を解消するために、就寝前にお酒を飲む人もいますが、寝酒は睡眠の質を低下させるため、かえって睡眠障害を悪化させてしまいます。

 

アルコールによる自殺の可能性

あなたは、アルコールを摂取することで、一時的な気晴らしになった経験があるかもしれません。

しかし、アルコールの摂取は、うつ病をさらに悪化させてしまいます。

また、アルコールは心理的な苦痛を強めたり、自分自身への攻撃性を高める作用があるため、アルコールの乱用が、自殺の危険性を高めます。

 

アルコール依存症併発時の対処法

うつ病の治療に使用される、抗うつ薬、向精神薬は、飲酒すると薬が効きづらくなってしまいます。

うつ病を改善させるためには、アルコールを完全に絶つこと。

これしかありません。

長年、アルコールを楽しんできたあなたには、非常に苦しい、または悲しい現実かもしれません。

しかし、うつ病とアルコール依存症の併発の末路は、自殺です。

あなたはすでに、自殺への道を確実に進んでいるのです。

ちょっと一杯だけ、その一杯が、あなたの末路へと確実に導いています。

ご決断ください。

 

まとめ

  • うつ病はアルコール依存症を併発しやすい
  • アルコールはうつ病を確実に悪化させる
  • うつ病とアルコール依存症の併発は、自殺の危険性を高める

 

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる