うつ病

うつ病の旦那、つらい!ほぼ365日

うつ病で孤独と恐怖を感じます。

うつ病の旦那。

ほぼ毎日、何を考えているのか分からない。

うつ病の旦那を見ているだけでつらい。

うつ病の旦那が何を考えているのか、本当に分からない。

何も話してくれない。

きっと、話せないんだと思う。

それでも私は、旦那の気持ちを分かってあげたいといつも思う。

・・・

私の旦那はうつ病です

旦那を見ていると、つらくて、思うように動けない感じが伝わってくる。

イライラしているのが分かる。

顔がこわばっている。

何も話してくれない。

話せないのだと思う。

でも、旦那がどう感じているのか、分かってあげたい、と思う。

 

うつ病の旦那がなぜかキレた

旦那は、放っておいて欲しいという。

そして、私がテレビを見ていると、旦那がキッチンに現れ、食器棚の扉を、突然、「バタン!」と閉めた。

私は正直、怖かった。

次に旦那はトイレに向かった。

今度はトイレのドア「バタン!!!」と閉めた。

私はさらに恐怖を感じた。

こういうときは、いつも、

なんて声をかけていいのか?

どう接したらいいのか?

分からず、私はパニックになってしまいました。

しかし、私は旦那のことが、心配になったので、

旦那に「どうしたの?」「大丈夫?」と声をかけても、返事は無し。

 

なぜか旦那がさらにキレた

その後、旦那はなぜかキレた。

部屋にあった、イスをひっくり返し、さらにはベッドまでひっくり返したのです!

私は、怖くなって、家を逃げ出そうと思いましたが、恐怖で体が動かず、一人震えていました。

私はどうしたらよいか分からず、泣いていました。

とてもつらく、苦しい、気持ちで、これから先、この人とうまくやっていく自身がなくなってしまいました。

 

本当に愛されているのか?

私は本当に愛されているのか?

私は見下されている気がする。

旦那にとって、私は奴隷扱いな気がするときがあります。

しばらくすると、旦那は、何もなかったかのように、部屋から出てきました。

 

それでも私は

このようなことは、よくあることですが

それでも私は、旦那のことを好きだから。

旦那のうつ病がよくなる事を信じているから。

この人はできる人だと信じているから。

だから、一緒にいたいと思う。

 

まとめ

  • うつ病旦那の妻はつらく、苦しい
  • うつ病旦那の妻は、忍耐と根性が必要
  • それでも私は旦那を信じている

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる