うつ病

うつ病の休職期間の給料は?過ごし方と延長についての3ヶ条

うつ病により、あなたは今、お仕事を休職されていることでしょう。

ストレスから開放され、ご静養に専念しているところ、大変恐縮ではありますが、あなたに、お伝えしなくてはならないことがあります。

・・・

治療に休職は必要なのか?

 
うつ病の症状がひどく、これ以上仕事を続けることが困難、または、これ以上回復の見込みがないと、判断すると、主治医は休職指示します。

主治医の側からすれば、複数の選択肢がある中で、薬の処方や問診、カウンセリングなどをもってしても、回復が見込めない、つまり、お手上げの状態のときに、休職を指示することになります。

あなたが、現在、お仕事を休職しているのであれば、あなたは、主治医にとって、もはや、お手上げの状態だったことを、認識して下さい。

主治医がギブアップするぐらい、深刻な状態であった事を思い出して下さい。

あなたにとって、休職が必要か?必要でないか?の問題ではなく、お手上げギブアップの状態だったのです。

 

休職には医師の診断書が必要

 
あなたは、既に主治医の先生から、休職の指示を受け、診断書を作成してもらい、勤め先の会社に提出していることでしょう。

現在の日本の法律では、病気を理由に、社員を解雇することはできません。

あなたもきっと、その事を医師から伝えられていることでしょう。

うつ病の診断書は、あなた、主治医、勤め先の会社の、3者が合意の上で、あなたの休職が認められる制度です。

 

休職のメリット・デメリット

 

休職のデメリット

 
うつ病により休職、すなわち一定期間仕事を休む場合、どうしても気になるのがデメリットでしょう。

休職すると何が不利になるのか、具体的に確認しましょう。

  • 休職期間中、得られる収入は満額ではなくなる
  • 休職をしなかった社員と比べ、キャリアが劣るため、昇進に影響する

休職期間中、給料が減り、社内のキャリアに影響してしまうことは、とてもつらいことであり、悲しいことではあります。

しかし、実は、うつ病による休職のデメリットは、このくらいしかありません。

 

休職のメリット

 
うつ病により、休職することで得られるメリットは非常にたくさんある。

  • 支給額は減るものの、休職期間も手当てが支給される
  • 会社での身分は確保されているので、いつでも職場復帰できる
  • 仕事から完全に離れて、ゆっくりと休養、静養できる
  • 自分と向き合う時間がとれる
  • 仕事をしなくない気持ちが減り、仕事をしたい気持ちが増してくる
  • うつ病が、劇的に改善する

 

まとめ

 
休職をしているあなたは、日本の雇用制度、そして、あなたの勤め先の会社に、守られていることを、認識して下さい。

うらやましいほど、恵まれた環境で、静養しているということを、忘れないで下さい。

 

 

うつ病 克服 アドバイザー

心のグラフ 川島 剛 (かわしま ごう)

 

川島 剛 の プロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わずか2週間で治す方法とは?


 

実は、

 

たったの2週間で

うつ病を治す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる