うつ病克服法

うつ病で夜眠れないことに悩んでいる人に知っておいて欲しいこと

きっとあなたは、うつ病を患って以来、同時に、不眠症、夜眠れないことにお悩みのことだと思います。

そんなあなたに、ぜひとも知っておいて欲しいことがあります。

ぜひ、この記事の続きを読んでみてください。

・・・

恒常性維持機構

『こうじょうせいいじきこう』と読みますが、

オメオスタシスとかSleep Driveとも呼ばれています。

言葉がとても難しいので、簡単に言ってしまうと、

人間の身体は疲れがたまると、眠るようにできている、その仕組みのことを、恒常性維持機構と呼んでいます。

生物時計機構

『せいぶつとけいきこう』と読みます。

別名、概日リズム、circadian rhythmとも呼ばれています。

こちらも言葉が難しいので、かんたんに言ってしまうと、

人間の身体には、体内時計があり、夜になると眠るようになっています。

上記2つの機構のバランスが崩れると、不眠症状や心身の不調が出現するようになります。

うつ病により体内時計が狂う

うつ病を患うと、あなたの身体に備わっている体内時計が狂ってしまいます。

より正確な言葉をつかうと、生物時計機構が狂う、崩壊してしまい、本来夜になれば、自然と眠れるはずなのに、眠れない。

主治医から処方された、睡眠薬、睡眠導入剤をのむことで、脳を麻痺させ、強制的に眠りにつかせている、というのが現実だと思います。

眠気と体温の関係

人の体温は一日の間に、わずかですが変化しています。

日中は体温が比較的高く、PM10くらいになると、急激に体温が低下します。

この体の中心内部の温度(深部体温)が下がり始めると、眠りにつきやすくなります。

睡眠の種類

きっとあなたも一度は聞いたことがあると思いますが、睡眠には2つの種類があります。

レム睡眠

眠りが浅いのが特徴であり、主に身体を休ませる働きをします。

他には、身体の筋肉は完全に力が抜けた状態です。

その代わり、脳は活発に働いており、記憶の整理を行っていると考えられています。

寝ている間に、夢を見るのも、このレム睡眠中と考えられます。

ノンレム睡眠

眠りが深い状態なのが特徴であり、おもに、あたま、脳を休ませ、脳の疲労を回復させます。

また、成長ホルモンが分泌されたり、免疫の働きが活発になります。

年齢による睡眠時間の変化

健康な方の場合においても、年齢とともに、睡眠時間が変わってきます。

きっとあなたも、一度は聞いたことがあることだと思います。

年齢と睡眠時間の関係の例を以下に示します。

15歳:8時間

25歳:7時間

45歳:6.5時間

65歳:6時間

このように、睡眠時間が短くなるのは加齢による自然な変化です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

チャンネル登録 をして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 

チャンネル登録 して

その 秘密 を手に入れる