双極性障害

遺書と遺言書の違いとは?自殺の前に理解すべき3つの理由とは?

きっとあなたは、双極性障害と診断されて以来、なんどもなんども自殺願望に襲われた経験があることだと思います。

消えたい・・・

死にたい・・・

そんなあなたは、実際に行動を起こす前に、『遺書(いしょ)』『遺言書(ゆいごんしょ)』の違いを理解しておく必要があります。

なぜなら

・・・

遺書と遺言書の違い

一般の方の多くは、遺書(いしょ)という言葉と遺言書(ゆいごんしょ)という言葉は同じような意味合いで使われていると感じているのかもしれません。

しかし、一見同じように思えるこれら2つの言葉ですが、実は法律的な解釈においては、まったくの別物です。

遺書は 生前の意思を伝える手紙

『遺書』とは、法律的な制約を受けることなく、あなたが死んでしまった後、大切な人に読んでもらい、あなたの気持ちを伝えたり、お願いをする、手紙の事です。

ですので、何をどのように書いてもまったくの自由であることが大きな特徴です。

遺言書とは民法で定められた法律行為

先ほどの『遺書』に対して『遺言書(ゆいごんしょ)』とは、民法という法律にとても細かく決められている、厳格な手続きによって作成される法律文書の事です。

民法では遺言書について、

  • 種類
  • 作成方法
  • 取り扱い
  • 効力
  • 内容

などを規定していて、その方式に沿った形で運用しないと、遺言書自体が無効になったり、遺言で財産を受けるはずだった人に罰則が科せられりします。

ですので、きちんとした知識に基づいて製作、事後管理を行わなければなりません。

これらの点がいわゆる『遺書』とは全く別物である事情です。

あなたが書くべきは 遺書?

上記で説明したように、遺言書とは、家族や親族にあなたの財産を、『譲渡するため』の書類です。

もしもあなたが、特に譲渡する財産をお持ちでない場合は、遺言書を書く必要はありません。

 

きっとあなたは、財産うんぬんの話ではなく、双極性障害の症状として、自殺願望が出てきて、

  • 消えてしまいたい・・・
  • 死んでしまいたい・・・

このような状況にあることだと思います。

そんなあなたが書くべきものは、『遺書(いしょ)』に違いありません。

 

遺書の書き方についてはこちらの記事を参照してください

 

遺書のすすめ

実際のところ、双極性障害を患っている方から、

死にたいです。助けてください・・・

というメッセージを多数頂きます。

そんな方々には、『遺書を書いてみて下さい』とお願いしています。

なぜなら、実際に遺書を書いてみると、意外と時間と手間がかかること。

これまでの人生を振り返ったり、家族に対する気持ちなどを、あらためて考えるきっかけになるからです。

そして、真剣に遺書を書いてみると、どういうわけか、もう少しだけ、頑張って生きてみようと思えるようになるのです。

 

今後、もしもあなたが、自殺願望を襲われた際には、

まず初めに遺書を書いてみる

ということを思い出してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる