うつ病

うつ病で、頭痛、動悸、その原因と、3つの正しい対処法

うつ病克服を目指す、深刻な主婦の悩み

もしかしたら、あなたは、
以下のような症状でお悩みではないでしょうか?

  • 頭痛
  • 動悸
  • 吐き気
  • めまい

もしそうなら、この記事は、あなたのためのものです。

なぜなら・・・

うつ病の頭痛

うつ病で頭痛になる原因

うつ病になると、モノアミンという物質が少なくなり頭痛が起きます。

モノアミンとは、セロトニンノルアドレナリンドーパミンを総称した物質を指します。

これら、モノアミンは気分を上昇させたり、やる気も維持する作用だけでなく、痛みの原因を抑制する作用があります。

これらの中で、特に、ノルアドレナリンが分泌されると、痛みが抑制されます。

うつ病になると、ノルアドレナリンが減少してしまうため、痛みを抑制する作用が弱まり、頭痛が発生します。

ココロン
痛みに敏感になるんだね!

うつ病の頭痛の対処法

うつ病による頭痛の場合は、うつ病自体を治療し、回復させることが、もっとも重要です。

先述の通り、うつ病により、モノアミンが減少し、その結果、頭痛になっているからです。

その根本的な原因を解消しない限り、頭痛が続くことになります。

しかし、あなたもご存知の通り、うつ病を完治させるには、時間がかかります。

そこで、鎮痛剤を処方してもらい、一時的に痛みを感じないようにするのも、方法のひとつです。

しかし、鎮痛剤を服用しすぎると、胃への負担が大きすぎるため、今度は胃まで、悪化させてしまう危険があります。

鎮痛剤の服用の際は、必ず専門医の指示に従って下さい。

ココロン
胃が悪くなるんだね!

うつ病の動悸

うつ病で動悸が起きる原因

うつ病で動悸が起きるのは、自律神経の不調が原因です。

うつ病は、ただ単に、憂うつな気分になる病気ではなく、自律神経をはじめ、人間が本来持っている、様々な機能が低下してしまう病気です。

動悸については、高齢者の場合は、心疾患や、甲状腺機能亢進症の疑いがありますが、うつ病の方は、間違いなくうつ病による自律神経の不調を疑うべきです。

ココロン
動悸って怖いね!

うつ病の動悸の対処法

向精神薬を服用することで、ある程度、うつ病の動悸を抑えることは可能です。

しかし、症状を抑えるために、薬を乱用することは、もぐらたたきのように滑稽なことです。

うつ病の患者さんの中には、新しい症状が出るたびに、薬で対処しようとする方がいます。

確かに、薬を服用すれば、一時的にその症状、その不快感から、開放されます。

しかし、それは一時しのぎでしかなく、根本的な治療でありません。

その結果、うつ病の回復が確実に遅くなる、さらには悪化させる原因でもあります。

うつ病の動悸については、しっかりと脳と身体を休めるようにしてください。

ココロン
薬に頼っちゃダメだね!

まとめ

  • うつ病自体を治療する
  • 自己治癒力を高める
  • 薬の乱用、もぐらたたきを止める

 

川島先生
薬の乱用はダメです!

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

罪悪感 の 消し方 知ってますか?

 

実は、

 

たったの10日間で

うつ病の 罪悪感を 消す方法がある

 

と聞いたら、

あなたは その言葉を信じますか?

 

きっとあなたは、

そんなモノ あるわけない。

そのように考えることだと思います。

 

その『方法』とは、

別に 特別なことではありません。

 

特別に 努力する必要もありません。

 

人間として あたりまえのことを、

あたりまえ にするだけです。

 

きっとあなたは その方法を、

子供のころから 知っていたはずです。

 

しかし、

長年 投薬治療を続けてきてしまった結果、

単純に 忘れてしまっただけ のことです。

 

もしも あなたが、

その 忘れてしまった方法

思い出したいとお考えでしたら、

 

今すぐ YouTube

① チャンネル登録

② 通知をON

にして、

登録者 限定 の動画を

ご覧になってください。

 

きっとあなたの人生は、

もっともっと素敵で楽しいものに、

なることだと思います。

 

今すぐ、チャンネル登録 して、

その 秘密 を手に入れてください。

 



 

① チャンネル登録
② 通知をON

にして

その 秘密 を手に入れる